実況パワフルプロ野球4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
実況パワフルプロ野球4
ジャンル スポーツゲーム
対応機種 NINTENDO64(N64)
開発元 コナミコンピュータエンタテインメント大阪
発売元 コナミ
人数 1~2人用
メディア [N64]カセット
発売日 [N64]1997年3月14日
売上本数 18万本
テンプレートを表示

実況パワフルプロ野球4は、1997年3月14日コナミから発売された野球ゲームである。実況パワフルプロ野球(以下、パワプロ)シリーズの主要作品としては第4作目。

概要[編集]

パワプロシリーズ最初のNINTENDO64専用ソフトとして発売。ミートカーソルの形が従来の四角型から楕円形型に変更され、操作方法も64コントローラの3Dスティックを倒した角度に対応したものになった。これによってより精度の高い打撃が可能となった(従来の十字キーによる操作も選択可能)。この作品から、使用できる球場にナゴヤドーム大阪ドームが追加された。一方でナゴヤ球場藤井寺球場はメインシリーズ最後の登場となった。

また、従来までは縦方向へ変化するスライダーをそのまま「スライダー」とだけ表現していたが、この作品より縦=verticalという英単語から『Vスライダー』と表現するようになった。

ゲーム内容[編集]

  • 対戦モード
  • ペナントモード
  • サクセスモード(後述)
  • アレンジモード
  • キャンプモード

選手データの不備[編集]

この作品の選手データは97年開幕時のものだが、横浜ベイスターズの主力であるロバート・ローズが登録されていないという不備が見られた。また、当時メジャー移籍騒動の渦中にあった伊良部秀輝千葉ロッテマリーンズの選手として登録されている。読売ジャイアンツの当時の新外国人選手だったルイス・サントスの登録名が「サントス」になっている(実際の登録名は「ルイス」)など、登録名に関するミスもある。

これらは3月14日発売であり、メディアがロムカセットであることから締切が早かった事が原因であると思われる。

サクセスモード[編集]

オリジナル選手育成モード。基本システムは前作を踏襲しており、主人公は、プロ野球球団に所属し2軍から1軍入りを目指す。3年以内に1軍入りを果たせば、オリジナル選手として登録可能になり、アレンジチームに組み入れる事ができるようになる。前作では、野手しか作成する事ができなかったが、本作より投手も作成する事ができるようになった。矢部明雄、猪狩守は本作が初登場である。本作では、猪狩は必ず主人公と同じ球団に所属する(次回作以降のプロ編ではパワプロ2000開幕版・2000決定版パワプロ2001およびその派生作品(以上PS)を除き読売ジャイアンツ→猪狩カイザースで固定)。

登場人物[編集]

  • 主人公
一軍を目指している二軍選手。
主人公と同期入団。野球の実力は少々いまいち。今作より初登場。
主人公と同期入団。ドラフトの順位は主人公より1つ下位。今作より初登場。
  • 阿畑
前作より引き続き登場。主人公が入団した球団の先輩。ポジションは投手で、日々魔球の研究をしている。主人公のポジションが投手の場合は、いろんなアドバイスをしてくれる。
  • 谷田
前作より引き続き登場。主人公が入団した球団の先輩。ポジションは内野手で、自分の野球道具をとても大切にしている。主人公のポジションが野手の場合は、いろんなアドバイスをしてくれる。
  • 二軍監督
前作より引き続き登場。主人公が入団した球団の二軍監督。一軍へ行くこともある。
  • ヤング打撃コーチ
主人公が入団した球団の打撃コーチ。現役時代はメジャーリーグで主力打者として活躍した。豪快な野球をモットーとしている為、細かいプレーを重視している戸田コーチとは仲が悪い。
  • 戸田守備走塁コーチ
主人公が入団した球団の守備走塁コーチ。現役時代は2番打者として活躍した。細かいプレーが野球の中心だと考えており、豪快な野球を好むヤングコーチとは仲が悪い。
  • ボブ投手コーチ
主人公が入団した球団の投手コーチ。現役時代はメジャーリーグで速球派のピッチャーとして三振の山を築いた。直球勝負を好んでおり、頭脳的な投球をモットーとしている江島コーチとは仲が悪い。
  • 江島投手コーチ
主人公が入団した球団の投手コーチ。現役時代は理論派の中継ぎ投手として活躍した。変化球をメインとした頭脳的な投球ができる投手を育てる事を目標としていて、直球勝負が好きなボブコーチとは仲が悪い。
  • 内本育成コーチ
前作より引き続き登場。主人公が入団した球団の育成コーチ。練習に関しては相当厳しい。過去に苦い記憶がある。自分の考え方を否定する花田コーチとは仲が悪い。のちにこの人物がパワプロ12以降のコーチさんとして同じグラフィックで登場。
  • 花田コンディショニングコーチ
主人公が入団した球団のコンディショニングコーチ。選手としての実績はないが、アメリカでトレーニングに関する事を勉強してきた。考え方が古い内本コーチとは仲が悪い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]