定型詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

定型詩(ていけいし)とは、短歌俳句川柳ソネット律詩のように形式上の制限があるのことである。頭韻脚韻を踏むこと、音節の数に規則を持たせること、文字数をそろえることなどが具体的な制限として挙げられる。これに対して、制限を持たない詩のことを自由詩という。

また、音数律に従わない短歌俳句のことを一般に自由律(自由律短歌・自由律俳句)というが、自由律と見える作品を制作していても、それを自由律と呼ばれることを望まない作家もいる。

関連項目[編集]