宍戸大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宍戸 大樹
基本情報
本名 宍戸 大樹(ししど ひろき)
通称 SB百裂拳
日本のサブマシンガン
階級 ウェルター級SB
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1977年3月16日(37歳)
出身地 福島県
身長 174cm
体重 67kg
スタイル シュートボクシング
テンプレートを表示

宍戸 大樹(ししど ひろき、男性、1977年3月16日 - )は、日本シュートボクサーキックボクサー福島県出身。シーザージム所属。初代シュートボクシング日本シーガル級(現スーパーライト級)、初代シュートボクシング日本ウェルター級、初代シュートボクシング東洋太平洋ウェルター級王者。入場曲は少林サッカーのテーマ。

右利きのボクサーファイターで、連打や蹴りを得意とする。

来歴[編集]

1998年3月22日に大阪府立門真スポーツセンターで行われた第12回関西アマチュアシュートボクシング選手権大会で、30人がエントリーした中量級(67kg未満)に出場し優勝した[1]

1998年6月4日、プロデビュー戦で兵頭英樹に2RKO勝ち[2]

1998年8月28日、朴英樹に判定負け。11月3日に「未知への挑戦 PART5」のフレッシュマンクラスでZAIと対戦。2R判定0-3で判定勝ちする。

2001年9月25日、「Be a Champ 3rd Stage」で行われたシュートボクシングシーガル級王者決定戦で坂口立起(同級4位)と対戦。5ポイント差をつけ3R判定勝ちし新王者になった[3]。同年11月20日、「Be a Champ 4th. stage」でシャノン・フォレスターとシュートボクシングルールで対戦。肘のカットによるドクターストップで2R39秒にTKO勝ち。

2002年4月28日、東金ジム主催の「最強を求めて!「出陣・決戦」」で東金シャノン(シャノン・フォレスター)と再戦。右肘でのカットによるドクターストップで4R2:10TKO勝ちする。同年7月28日、オーストラリアゴールド・コーストで行われたWMCインターコンチネンタルスーパーウェルター級タイトルマッチでシャノン・フォレスターと3度目の対戦を行ない、5R判定勝ちで新王者となった。

2003年12月14日、オーストラリアのゴールドコーストで行われた「X-PLOSION 5 -In Progress-」に参戦。カート・フィンレーソン(オーストラリア)に5R判定1-2で敗北。

2004年9月19日、「SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2004」のリザーブマッチでブルース・マクフィーに判定勝ち。アルバート・クラウスが負傷により棄権したため、準決勝でカテウ・キビスと対戦し判定勝ち。決勝ではアンディ・サワーと対戦し、2R右ストレートで3ダウンを喫しTKO負け。リザーバーながら準優勝を果たした。

2005年1月23日、「SHOOT BOXING 2005 GROUND ZERO FUKUOKA」でオーレ・ローセンと対戦。3Rに右ハイキックでKO勝ち。

2006年9月4日、「K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜」でブアカーオ・ポー.プラムックと対戦。ラッシュを仕掛けたところカウンターの左フックを顎に喰らい、1R15秒でKO負けを喫した。

2006年11月3日、SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2006に出場。1回戦でレイ・セフォーの弟子ジョーダン・タイと対戦し、延長判定勝ち。続く準決勝では日本人同士の対決となった緒形健一に判定負け。

2006年12月3日、SHOOT BOXING 2006 NEO ΟΡΘΡΟΖ SERIES FINALでダマッシオ・ペイジと対戦。2Rに右ハイキックでダウンを奪うと、続けて左跳び膝蹴りでKO勝ち。

2007年2月5日、「K-1 WORLD MAX 2007 〜日本代表トーナメント決定戦〜」に出場。1回戦で尾崎圭司と対戦し、1Rにカウンターの右フックでダウンを奪われ、判定負け。

2007年6月10日、マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟のリングでMA日本ミドル級王者城戸康裕と対戦。2Rに右膝蹴りでダウンを奪われ、判定負け。

2007年9月30日、シュートボクシング「無双〜MU-SO〜 其の四」でTATSUJIと対戦。2Rに左ストレートでダウンを奪い、判定勝ち。

2007年10月28日、SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT GROUND ZERO TOKYO 2007でビックベン・ケーサージムと対戦し、判定勝ち。

2007年11月24日、オランダで開催されたアンディ・サワー主催のシュートボクシングオランダ旗揚げ大会でハリド・レイエスと対戦し、右肩脱臼によるTKO負け。

2008年4月4日、火魂〜Road to S-cup〜 其の弐にて香港のツァン・ホイ・クワンと対戦し、判定勝ち。

2008年7月21日、火魂〜Road to S-cup〜 其の四で山口太雅とSB日本ウェルター級タイトルマッチを行い、判定勝ち。初防衛に成功した。

2008年9月12日、火魂〜Road to S-cup〜 其の伍で金井健治に判定勝ちを収め、S-cup出場を決めた。

2008年11月24日、SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2008に出場。1回戦でクリス・ホロデッキーに判定勝ちを収めるも、準決勝でアンディ・サワーに判定負けを喫した。

2009年4月3日、武志道-bushido- 其の弐でルイス・アゼレードと対戦し、判定勝ちを収めた。

2009年6月1日、武志道-bushido- 其の参のSB東洋太平洋ウェルター級初代王座決定戦でルーク・メイトランドと対戦し、スタンディングフロントチョークでKO勝ちを収め、初代王座を獲得した。

2010年11月23日、SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2010の1回戦でブアカーオ・ポー.プラムックと対戦、アームロックやバックスピンキックで流れをつかみかけるも3Rに右ハイキックでダウンを喫し、0-3の判定負けを喫した[4]

2011年2月19日、「SHOOT BOXING 2011 act.1 -SB166-」のメインイベントでボーウィー・ソーウドムソンと1年5か月ぶりに再戦し、3-0の判定勝ちを収めた[5]

2011年6月5日、「東日本大震災復興チャリティーイベント SHOOT BOXING 2011 act.3 -SB169-」で、S-cup2010準優勝者トビー・イマダと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
71試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
52 21 0 0
19
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× アンディ・サワー 1R 2:41 KO(2ノックダウン) SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2012
【準決勝】
2012年11月17日
ジェシアス・カバウカンチ 5R終了 判定2-0 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2012
【1回戦】
2012年11月17日
鈴木悟 1R 1:03 KO(右バックハンドブロー) SHOOT BOXING 2012~Road to S-cup~act.4
【S-cup日本代表枠最終査定試合】
2012年9月17日
× 鈴木博昭 5R終了 判定0-3 SHOOT BOXING 2012~Road to S-cup~act.3 2012年6月3日
× ウォーレン・スティーブルマンス 5R終了 判定0-3 SHOOT BOXING 2012~Road to S-cup~act.1 2012年2月5日
× リオン武 3R終了 判定0-2 SHOOT the SHOOTO 2011 2011年11月6日
× トビー・イマダ 3R終了 判定0-3 東日本大震災復興チャリティーイベント
SHOOT BOXING 2011 act.3 -SB169-
2011年6月5日
ボーウィー・ソーウドムソン 5R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2011 act.1 -SB166- 2011年2月19日
× ブアカーオ・ポー.プラムック 3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2010
【1回戦】
2010年11月23日
× ミロウド・ゲイブリ 5R+延長R終了 判定0-2 SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES 第4戦 維新-ISHIN- 其の四 2010年9月18日
ヴァージル・カラコダ 3R 2:15 KO(左ストレート) SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES 第3戦 維新-ISHIN- 其の参 2010年6月6日
鈴木悟 2R 1:39 TKO(スタンディングフロントチョーク) SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES 第2戦 維新-ISHIN- 其の弐 2010年4月11日
グレッグ・フォーリー 5R 1:24 KO(スタンディングチョークスリーパー) SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES 開幕戦 維新-ISHIN- 其の壱 2010年2月13日
× ボーウィー・ソーウドムソン 5R 0:36 KO(右ストレート) SHOOT BOXING 2009 武志道-bushido- 其の四 2009年9月4日
ルーク・メイトランド 2R 1:15 KO(スタンディングフロントチョーク) SHOOT BOXING 2009 武志道-bushido- 其の参
【SB東洋太平洋ウェルター級初代王座決定戦】
2009年6月1日
ルイス・アゼレード 3R+延長1R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2009 武志道-bushido- 其の弐 2009年4月3日
魏守雷(ウェイ・シュウレイ) 3R 1:54 KO(膝蹴り) SHOOT BOXING 2009 武志道-bushido- 其の壱 2009年2月11日
× アンディ・サワー 3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2008
【準決勝】
2008年11月24日
クリス・ホロデッキー 3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2008
【1回戦】
2008年11月24日
金井健治 5R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2008 火魂〜Road to S-cup〜 其の伍
【S-cup 2008 日本代表者決定戦】
2008年9月12日
山口太雅 5R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2008 火魂〜Road to S-cup〜 其の四
【SB日本ウェルター級タイトルマッチ】
2008年7月21日
アントニオ・カルバーリョ 3R+延長R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2008 火魂〜Road to S-cup〜 其の参 2008年5月28日
ツァン・ホイ・クワン 3R+延長R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2008 火魂〜Road to S-cup〜 其の弐 2008年4月4日
× ハリド・レイエス 1R TKO(右肩脱臼) TEAM SOUWER & FIGHTCLUB DEN BOSCH PRESENT
"SHOOT BOXING"
2007年11月24日
ビックベン・ケーサージム 3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT
GROUND ZERO TOKYO 2007
2007年10月28日
TATSUJI 3分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2007 無双〜MU-SO〜 其の四 2007年9月30日
× 城戸康裕 3分5R終了 判定0-3 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
BREAKDOWN(打破)5 〜新東金ジム29周年記念 戦場の狼3〜
2007年6月10日
× 尾崎圭司 3分3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2007 〜日本代表トーナメント決定戦〜
【1回戦】
2007年2月5日
ダマッシオ・ペイジ 2R 2:02 KO(左跳び膝蹴り) SHOOT BOXING 2006 NEO ΟΡΘΡΟΖ SERIES FINAL 2006年12月3日
× 緒形健一 3分3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2006
【準決勝】
2006年11月3日
ジョーダン・タイ 延長R終了 判定3-0 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2006
【1回戦】
2006年11月3日
× ブアカーオ・ポー.プラムック 1R 0:15 KO(左フック) K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜 2006年9月4日
イアン・シャファー 3分5R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2006 NEO ΟΡΘΡΟΖ Series 3rd 2006年5月26日
マルフィオ・カノレッティ 3分5R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2006 NEO ΟΡΘΡΟΖ Series 2nd 2006年3月25日
アンドレ・ジダ 3分5R終了 判定0-3 SHOOT BOXING 2006 NEO ΟΡΘΡΟΖ Series 1st 2006年2月9日
バダムガラフ・バルジンニカム 3R 1:06 TKO(タオル投入) SHOOT BOXING 20th ANNIVERSARY SERIES FINAL 2005年11月25日
イム・チビン 3分5R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 20th ANNIVERSARY SERIES 4th 2005年9月25日
大野崇 3分5R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 20th ANNIVERSARY SERIES 3rd 2005年6月26日
菊池浩一 3分5R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 20th ANNIVERSARY SERIES
【SB日本ウェルター級王座決定戦】
2005年3月6日
オーレ・ローセン 3R 0:22 KO(右ハイキック) SHOOT BOXING 2005 GROUND ZERO FUKUOKA 2005年1月23日
× アンディ・サワー 2R 0:50 TKO(右ストレート) SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2004
【決勝】
2004年9月19日
カテウ・キビス 3分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2004
【準決勝】
2004年9月19日
ブルース・マクフィー 3分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2004
【リザーブマッチ】
2004年9月19日
笹羅崇裕 1R 1:11 TKO(ドクターストップ、骨折) SHOOT BOXING 2004 Infinity-S Vol.4 2004年7月19日
白須康仁 4R 2:30 TKO(額のカット) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟
「東金ジム26th anniversary SUPREME-3 〜戦場の虎〜」
2004年5月9日
裕樹 3R終了 判定3-0 FUTURE FIGHTER IKUSA 5 〜乱〜 MONKEYMAGIC
【シュートボクシングIKUSA特別ルール】
2004年1月24日
× 劉献偉 判定 中国功夫-日本シュートボクシング争奪戦 2003年10月25日
× KURT "KILLER" FINLAYSON 5R終了 判定1-2 X-PLOSION 5 2003年12月14日
タリック・イドリッシ 5R終了 判定3-0 SHOOT BOXING "S" of the World Vol.5 2003年9月23日
加藤督朗 延長2R終了 判定2-1 SHOOT BOXING "S" of the World Vol.3 2003年6月1日
× テーワリットノーイ・SKVジム 5R終了 判定0-2 SHOOT BOXING "S" of the World Vol.2 2003年4月13日
ブラッド"ドッジ" 5R終了 判定 X-PLOSION Boonchu S-cup 2002年12月15日
タリック・ベンフキー 5R終了 判定3-0 Shoot Boxing The age of "S" Vol.4 2002年9月22日
ロナルド・ウルフス 1R 2:24 TKO(3ノックダウン) SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2002 2002年7月7日
東金シャノン 4R 2:10 TKO(ドクターストップ:額カット) マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「最強を求めて! 出陣・決戦」 2002年4月28日
小谷直之 2R 2:40 KO(右ストレート) Shoot Boxing The age of "S" Vol.2 2002年3月31日
ブレス・ジェイソン 1R終了時 TKO(ドクターストップ:右膝負傷) Shoot Boxing The age of "S" Vol.1 2002年2月1日
シャノン・フォレスター 2R 0:39 TKO(ドクターストップ、肘のカット) SHOOT BOXING Be a Champ 4th stage 2001年11月20日
坂口立起 3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING Be a Champ 3rd stage
【SBシーガル級王座決定戦】
2001年9月25日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
土井博幸
第8代シュートボクシング日本シーガル級王者

2001年9月25日 - 2005年2月1日
2001年11月に階級名称が変更。
以降は、スーパーライト級

次王者
N/A
前王者
N/A
初代シュートボクシング日本ウェルター級王者

2005年3月6日 - 2009年4月3日

次王者
N/A
前王者
2009年4月3日に新設を発表
初代シュートボクシング東洋太平洋ウェルター級王者

2009年6月1日 - 現在

次王者
N/A