宍倉光広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宍倉光広

宍倉 光広(ししくら みつひろ、1960年11月27日 - )は日本数学者京都大学教授。専門は、力学系理論。

1983年に京都大学理学部を卒業。1988年に同大学院理学研究科博士課程修了。プリンストン高等研究所所員、東京工業大学助手・助教授東京大学助教授、広島大学教授を経て、現職。

力学系の中でもフラクタルの研究を活発に行っている。特に複素平面上のマンデルブロー集合についての研究は有名で、境界のハウスドルフ次元が2であるというマンデルブローの予想を証明した。

1992年にはサレム賞(SalemPrize)、1995年には日本数学会春季賞を受賞した。

外部リンク[編集]