完結相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

完結相(かんけつそう、英語Perfective aspect)とは言語学で、一回限りの事象を時間経過と無関係に(点として)表現するをいう。

類似したものに、事象をそれが完了した結果として表現する完了相Perfect aspect:時制と組み合わされ完了時制と呼ばれることもある)がある。両者は厳密には区別されるが、言語によっては区別されない場合もある。

完結相は一般に、動詞の意味論的種類により決まるものと、言語ごとに文法形式として表現されるものに分けられる。例えば、「発つ」「着く」「(何かに)なる」などは一回限りの瞬間的な完結相動詞である。それに対し「歩く」「走る」「違う」などは目標のない継続的動作または状態を表す非完結相動詞であり、「食べている」のような進行・反復表現も非完結相である。「行く」「作る」のような目標のある動詞は文脈によっては完結相となる。

文法形式として表現される完結相には、以下のようなものがある。

日本語[編集]

日本語では補助動詞「てしまう」(またはその口語縮約形「ちまう」「ちゃう」等:助動詞と考えてもよい)により、一回限りで終わることや完結することを強調して表現し、さらには敢えてする動作、普通でない事態や、意図に反すること(困ること、または逆に喜ばしいこと)を含意するモダリティ的表現になる。現代の首都圏方言で特に頻繁に用いられ、非完結動詞にも適用される。例えば、「英語が話せた」は基本的には非完結相である(文脈にもよる)のに対し、「英語が話せちゃった」は完結相となり、「英語を現実に話した」または「英語が話せるようになった」を意味する。

スラヴ語[編集]

ロシア語を始めとしてスラヴ語では、多くの動詞が非完結相(不完了体)と完結相(完了体)の対として存在する。形態論的には不完了体に接頭辞を付けて完了体にする、語尾を変える、全く異なる形態を使う、と様々である。完了体には未来形はなく、完了体現在形は意味的には未来となる。

古典ギリシア語[編集]

古典ギリシア語では過去の完結相を表す動詞活用形としてアオリストがあり、非完結形および完了形と区別される。動詞によっては基本形とアオリストで意味が異なることもある(例えば基本形は「探す」、アオリストは「見つける」など)。なおスペイン語でも同じように相によって意味が異なる動詞の例がある。

ラテン語[編集]

ラテン語には動詞の活用形として完了相と非完了(継続・反復)相、および現在・過去・未来の時制による区別があり、完了相と完結相は区別されない。現在完了形は過去の意味にも用いられるが、継続・反復を表す未完了過去形とは区別される。フランス語・スペイン語など現代ロマンス語にもこれに由来する区別(単純過去形と半過去・線過去形)がある。