完全系列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホモロジー代数における完全系列(かんぜんけいれつ、: exact sequence)とは、R 加群の系列で各射の像空間が次の射の核空間と正確に合致するという意味で完全であるものをいう。

正合(exact)な圏において完全系列の概念はゼロ射(ゼロ対象を経由する射)として表現される。

定義[編集]

R 加群 Xi と写像 fi: XiXi+1 (iZ) からなる(有限または無限)系列

\cdots \to X_{n-1} \stackrel{f_{n-1}}{{}\longrightarrow{}}X_n
\stackrel{f_n}{{}\longrightarrow{}}X_{n+1} \to \cdots

において、

{\rm Im\,} f_{n-1} = {\rm Ker}\, f_n

なるとき、系列は Xn において完全(exact)であるという。また、系列のすべての R 加群において完全であるとき、その系列を完全系列(exact sequence)と呼び、

\cdots \to X_{n-1} \stackrel{f_{n-1}}{{}\longrightarrow{}}X_n
\stackrel{f_n}{{}\longrightarrow{}}X_{n+1} \to \cdots (完全)

と表記する。

なお、系列が Xn において完全であるならば、その定義から明らかに

f_{n}\circ f_{n-1}(x) = 0_{n+1} \;\; \forall \, x \in X_{n-1} (ただし、0_{n+1}X_{n+1} の零元)

が成り立つ(逆は一般に成り立たない)。

[編集]

例えば、アーベル群の系列

0 \hookrightarrow \mathbb{Z} \stackrel{f}{{}\hookrightarrow{}} \mathbb{Z} \stackrel{p}{{}\twoheadrightarrow{}} \mathbb{Z}/2\mathbb{Z}\twoheadrightarrow 0

で、f: ZZ が 2 倍写像 (x → 2x), p を標準射影とすると、これは完全である。実際、2x = 0 となる x は 0 であり、かつ 0 に限られる(f は単射である)ので 0 → Z は完全である。また、f, p はアーベル群の準同型で、im(f) = 2Z = ker(p) であることは明らかである。最後に Z/2Z → 0 は Z/2Z の全ての元を 0 とする準同型で、その核は Z/2Z 全体となるが、p は全射であるからこれも完全である。

一般に、考えているアーベル圏における零対象を 0 であらわすとき、

0 \to A\stackrel{f}{{}\to{}}B,\quad A\stackrel{g}{{}\to{}}B\to 0

が完全であることはそれぞれ f単射g全射であることと同値である。f: AB がアーベル圏の射(たとえば群の圏における群準同型、加群の圏における準同型など)であるとき

0\to \ker f \to A \stackrel{f}{{}\to{}} B\to\mathrm{coker\,}f \to 0

は完全列である。

1 を単位群とし、群 G に対し、Aut(G) をその自己同型群、Z(G) を中心、Inn(G) を内部自己同型群、Out(G) = Aut(G)/Inn(G) を外部自己同型群とすると

1\to Z(G)\hookrightarrow G\stackrel{\text{Ad}}{{}\to{}}\mathrm{Aut\,}G\twoheadrightarrow\mathrm{Out\,}G\to 1

なる完全列を得る。

短完全列[編集]

特に、0 → A → B → C → 0 あるいは同じことだが

A \stackrel{f}{{}\hookrightarrow{}} B \stackrel{g}{{}\twoheadrightarrow{}} C

なるかたちの完全系列を短完全列 (short exact sequence) と呼ぶ。このとき、AB の部分対象と同一視され、C は商対象 B/A と同一視される。短完全列が分裂するあるいは分解するとは、切断あるいは断面 (section) と呼ばれる写像 s: CB

g\circ s = \mathop{\rm id}_C

となるものが存在することを言う。

長完全列[編集]

短完全列に蛇の補題英語版を適用すれば、ホモロジーの間の長い完全系列が得られる。

脚注[編集]


関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. B.Mitchell (1965). Theory of Categories. http://www.scribd.com/doc/14006200/Barry-Mitchell-Theory-of-Categories. 
  2. 河田敬義 『ホモロジー代数I,II』 岩波書店、1977年
  3. 松坂和夫 『集合・位相入門』 岩波書店、1968年
  4. S.MacLane (1950), duality for groups, http://www.ams.org/journals/bull/1950-56-06/S0002-9904-1950-09427-0/S0002-9904-1950-09427-0.pdf 
  5. H.Cartan, S.Eilenberg, With an appendix by David A. Buchsbaum (1956). Homological algebra. Princeton University Press. http://www.math.sunysb.edu/~mmovshev/BOOKS/homologicalalgeb033541mbp.pdf. 
  6. D.Buchsbaum (1954), Exact Categories and Duality, http://people.brandeis.edu/~buchsbau/miscpapers/001.pdf 
  7. A.Grothendieck (1957), Sur quelques points d'algèbre homologique, http://matematicas.unex.es/~navarro/res/tohoku.pdf  英訳:Some aspects of homological algebra
  8. Peter Freyd (1964), Abelian Categories, http://tac.mta.ca/tac/reprints/articles/3/tr3.pdf 
  9. 米田信夫, Exact categoryとそのコホモロジー理論について, https://www.jstage.jst.go.jp/article/sugaku1947/6/4/6_4_193/_pdf