完全無欠のロックンローラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
完全無欠のロックンローラー
アラジンシングル
B面 道化師
リリース 1981年11月14日
規格 レコードシングル
ジャンル J-POP
レーベル AARDVERG
作詞・作曲 高原茂仁
チャート最高順位
アラジン シングル 年表
- 完全無欠のロックンローラー
(1981年)
ロックンローラー大放送
(1982年)
テンプレートを表示

完全無欠のロックンローラー」(かんぜんむけつのロックンローラー)は、アラジンのデビューシングル1981年11月14日アードバーグから発売された。

解説[編集]

アラジンは当時、高原茂仁(現芸名:高原兄)を部長とする名古屋商科大学の学生バンドであった。高原は高校時代からヤマハポピュラーソングコンテスト(通称:ポプコン)に出場しており、名古屋に来てからもポプコンの主催者ヤマハの作曲・編曲教室に通い、春・秋のポプコンに応募し続けた[1]。どういうタイプの曲なら目立つか、とポップス調、フォーク調、バラードと、その時々の流行に合わせて、さまざま試み、ひたすらグランプリ狙いに徹する[1]。アラジンは高原が大学二年の時、仲間と結成したもので、バンド名の由来は、フォークソング同好会の部室にあった石油ストーブ「アラジンブルーフレームヒーター」から。「完全無欠のロックンローラー」の着想は、「スネークマンショー」からで[1]、「次はこの線で狙える」と本曲を製作し、服装や踊りの研究のため、原宿竹の子族を何度も見学に行ったという[1]、高原にとって10回目のポプコン挑戦だった本曲で、念願のグランプリを獲得、そのままその曲がファースト・シングルとして採用されてプロデビューした。

しかしこの1曲以外にヒット曲はなく、後に一発屋と称される音楽バンドになった。

詳細はアラジン (バンド)高原兄ヤマハポピュラーソングコンテストにも記載あり。

収録曲[編集]

(全作詞・作曲: 高原茂仁 、編曲: アラジン)

  1. 完全無欠のロックンローラー(4:16)
  2. 道化師

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『週刊朝日』1981年12月4日号181頁