完全流体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

完全流体(かんぜんりゅうたい、: perfect fluid)または理想流体(りそうりゅうたい、: ideal fluid)、非粘性流体(ひねんせいりゅうたい、: inviscid fluid)とは、流体力学において、粘性が存在しない流体のことである[1][2]。粘性を持つ実在の流体を単純化したモデルとして用いられる。

粘性が存在しないとは、せん断応力が常に(流体が運動していても)存在しないことと同義である。粘性によるせん断応力は一般に抵抗力として働くので、この仮定は力学における摩擦力の無視に類似している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 今井功 『流体力学(前編)』 裳華房、1997年ISBN 4-7853-2314-0 
  2. ^ 巽友正 『流体力学』 培風館、1982年ISBN 4-563-02421-X