安養KGC人参公社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安養KGC人参公社
原語表記 안양 KGC인삼공사
チームカラー 青,黄,黒
所属リーグ 韓国の旗 KBL
創設年 1997
本拠地 京畿道安養市
アリーナ 安養体育館
収容人数 6,690
代表者 郭永均
ヘッドコーチ 李相範
優勝歴 1
公式サイト http://www.kgcsports.com/02_basketball/main/20000_bbmain.php
ユニフォーム
Kit body basketball.png
Homeジャージ
チームカラー
Home
Kit body basketball.png
Awayジャージ
チームカラー
Away
テンプレートを表示

安養KGC人参公社(アニャン・ケージーシーにんじんこうしゃ、韓:안양 KGC인삼공사、英:Anyang KGC Ginseng Corporation)は、大韓民国京畿道安養市を本拠地とするプロバスケットボールチームである。

歴史[編集]

1997年、韓国のSBS放送局傘下の「安養SBSスターズ」として韓国プロバスケットボール参戦。この時期は韓国でバスケットボールブームが絶頂期を送っていて、SBS放送局は将来は韓国でバスケットボールの時代が到来すると見込んで、当時のSBS放送局の会長自ら発足間もないKBLのコミッショナーに就くなど、プロバスケットボールとチームの運営に熱意を見せていた。

しかし、親会社の熱意とは裏腹にチームの成績は低迷を続いて、Bクラスの常連と化していた。そこに追い討ちをかけるように、バスケットボールの人気も冬のプロスポーツとして根付くことには成功したが、当初予想したような爆発的な成長は見せていなかったため、徐々にチーム経営への意欲を失いかけていた。 それで、2005年、経営権がSBSからKT&Gに移り、KT&Gカイツ、韓国人参公社を経て現在のチーム名となった。

2011-2012シーズンにおいて初優勝。

主な歴代所属選手[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]