安永徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

安永徹やすなが とおる1951年11月14日 - )は、福岡県福岡市出身のヴァイオリニスト。父は、九州交響楽団永久名誉指揮者の安永武一郎、夫人はピアニストの市野あゆみ

経歴[編集]

生い立ち、留学以前[編集]

1951年、父・安永武一郎、母・リン(声楽家)のもとに生まれる。1964年、13歳の時から江藤俊哉に師事した。1967年桐朋女子高等学校音楽科に進み、1970年桐朋学園大学音楽学部に入学。在学中の1971年に第40回日本音楽コンクールで第1位を受賞。1974年に同大学を卒業。

ドイツ留学とベルリン・フィル入団[編集]

1975年ベルリン芸術大学に入学し、ミシェル・シュヴァルベに師事する。1977年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に第1ヴァイオリン奏者として入団、翌1978年ベルリン・フィルハーモニー弦楽ゾリステンに参加。1983年、同楽団の第1コンサートマスターに選ばれて就任した。一般奏者からのコンサートマスター就任は初。

コンサートマスター就任後[編集]

オーケストラ以外でも、ソリストとして、また室内楽においても演奏活動を行う。
1990年石井眞木の「ヴァイオリン独奏のための夜の響き(Nachtklang fur Geige solo)」をベルリン・フィル弦楽ゾリステンで初演。
夫人の市野あゆみ(ピアノ)とデュオを組み、1991年8月にリリースされたCD「安永徹・ヴァイオリン演奏会」は、平成2年度文化庁芸術作品賞を受賞した。1999年からベルリン・フィル・カンマーゾリステンのメンバーとしても活動を始めた。
2009年、ドイツの文化・音楽に特別な貢献をしたとして、独功労勲章・功労十字小綬章をドイツ政府より授与された。定年まで8年を残し、同年2月の演奏会を最後にベルリン・フィルを退団。日本の北海道に拠点を移す。

近年の活動[編集]

ベルリン・フィル退団後は、市野とのデュオのほか、小編成での室内楽や教育活動、指揮者を置かないアンサンブルでの活動を志向している[1]

ディスコグラフィー[編集]

  • ヴァイオリン演奏会(ナミ・レコード、1991)
  • ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第4番、第5番「春」(ポニーキャニオン、1996)
  • ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第6番、第7番、第8番(ポニーキャニオン、1997)
  • ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」、第10番(ポニーキャニオン、1999)
  • デュオ・コンサート(ナミ・レコード、2001)
  • ベスト・ライヴ・コンサート(ナミ・レコード、2004)
  • モーツァルト:交響曲第41番、他(ワーナーミュージック・ジャパン、2004)
  • メンデルスゾーン:ヴァイオリンとピアノのための二重協奏曲(ワーナーミュージック・ジャパン、2006)
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番、他(ワーナーミュージック・ジャパン、2008)

出典[編集]

  1. ^ 月刊『ぶらあぼ』10月号、東京MDE、2009