安楽寺 (上板町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安楽寺
Onsenzan-anrakuji-main.JPG
本堂
所在地 徳島県板野郡上板町引野字寺ノ西北8
位置 北緯34度7分5秒東経134度23分18.2秒座標: 北緯34度7分5秒 東経134度23分18.2秒
山号 温泉山
宗派 高野山真言宗
本尊 薬師如来
創建年 (伝)弘仁6年(815年)
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 温泉山 瑠璃光院 安楽寺
札所等 四国八十八箇所6番
阿波北嶺薬師霊場2番
文化財 安楽寺方丈(国の登録有形文化財)
公式HP 四国霊場 第六番札所 温泉山 安楽寺
テンプレートを表示
山門(仁王門) 上層に鐘がある
大師堂
多宝塔
方丈

安楽寺(あんらくじ)は徳島県板野郡上板町にある高野山真言宗の寺院。四国八十八箇所霊場の第六番札所。温泉山(おんせんざん)瑠璃光院(るりこういん)と号する。本尊は薬師如来。大師堂前から湧き出る宿坊の温泉とラジウム鉱泉入りの薬湯も有名である。

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:かりの世に 知行争う むやくなり 安楽国の 守護をのぞめよ

歴史[編集]

寺伝によれば弘仁6年(815年)に現在地よりおよそ2km離れた安楽寺谷に、空海(弘法大師)が堂宇を建立し薬師如来を刻んで本尊としたという。

天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火により焼失。万治年間(1658年 - 1661年)に駅路寺であった瑞運寺を併合して現在地に再建される。

本尊薬師如来坐像は、難病平癒祈願のため四国遍路を続けていた女性が、病気平癒の報恩のため1956年に奉納したものである。

境内[編集]

  • 山門鐘楼門仁王門) - 白壁の竜宮門形式で上層が鐘楼になっている。門の左右の切妻造建物内に金剛力士(仁王)像が安置されている。
  • 本堂
  • 大師堂
  • 多宝塔
  • 観音堂
  • 逆松(さかまつ) - 修行中の空海を猟師が猪と間違って矢で射たが、矢は松に刺さって事なきを得た。そこで空海は射抜かれて折れた松を逆さに植え、この松が栄えたならこの地を訪れたものは厄災を免れるだろうと予言したという。
  • 願い棒:修行大師像の前に置かれた願い棒を年齢の数だけ持ち経を唱えて像の周りを巡り願を懸ける。
  • 四国八十八箇所モデルトイレ - 霊場の雰囲気にあったつくりで1998年に設置されたもので、四国霊場の雰囲気を壊さない外観でバリアフリーにも配慮されている。

竜宮門型の鐘楼門を入ると右に手水鉢が置かれ、左側には回遊式日本庭園があって、池の奥に多宝塔が建つ。正面奥に本堂が建ち、その右手に大師堂、左側に観音堂がある。本堂付近に修行大師像と願い棒が、多宝塔の近くに逆松がある。納経所は本堂内左側にある。

  • 宿坊:定員250名
  • 駐車場:50台・バス10台

 

文化財[編集]

登録有形文化財(建造物)
  • 安楽寺方丈 - 入母屋造茅葺(一部本瓦葺)の方丈。江戸後期の建立。内部の上段の間は、藩主の座所と伝えられている。平成21年(2009年)国の登録有形文化財に登録された。

アクセス[編集]

鉄道
バス
  • 徳島バス 鍛冶屋原線 「東原」下車 (0.6km)
道路

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
5 地蔵寺 --(5.3km)-- 6 安楽寺 --(1.2km)-- 7 十楽寺

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会編『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]