安国寺 (福山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安国寺
Ankokuji01s2040.jpg
釈迦堂(重要文化財)正面
所在地 広島県福山市鞆町後地990-1
位置 北緯34度23分17.2秒
東経133度22分48.0秒
座標: 北緯34度23分17.2秒 東経133度22分48.0秒
山号 瑞雲山
宗旨 臨済宗
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 阿弥陀三尊
創建年 文永10年(1273年
開基 無本覚心
別称 備後安国寺
文化財 釈迦堂、木造阿弥陀三尊立像、木造法燈国師坐像(重要文化財)
石造地蔵菩薩坐像(重要美術品)
テンプレートを表示
釈迦堂(裏側)
枯山水庭園
法堂(本堂)跡
地蔵堂(奥)
Ankokuji06 1024.jpg

安国寺(あんこくじ)は、広島県福山市鞆町にある臨済宗妙心寺派仏教寺院。山号は瑞雲山。 釈迦堂は国の重要文化財に指定されている。

歴史[編集]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)
  • 釈迦堂(附:柱聯) - 室町時代中期建立、禅宗様建築
  • 木造阿弥陀三尊立像(附:像内納入品一括)
阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩の三尊。阿弥陀如来像内に文永11年(1274年)に仏師覚尊が造立した旨の銘がある。総高 313cm (光背)、中尊像高 170cm。一光三尊仏(三尊像が1枚の大きな光背を負う形)で、「善光寺式阿弥陀三尊像」と呼ばれる形式である。像内納入品の経巻、横笛、短刀なども重要文化財に指定されている。
  • 木造法燈国師坐像(附:像内納入品一括)
像内納入文書に建治元年( 1275年)とあり、この時の造立と思われる。像高 85.2cm。法燈国師69歳の寿像で、年代の明らかな日本最古の頂相彫刻、および最古の寿像とされる。像内納入品の水晶五輪塔(小箱添、高さ6.9cm)等も重要文化財に指定されている。
その他の文化財
  • 地蔵堂 - 江戸時代前期建立
  • 石造地蔵菩薩坐像 - 重要美術品(国認定)、元徳2年(1330年)造立、総高 219cm 像高 120cm、地蔵堂に安置
  • 本堂跡 - 広島県指定史跡
  • 枯山水 - 16世紀中頃作庭、慶長4年(1599年)の安国寺恵瓊による修築時に蘇鉄植樹、広島県指定史跡
  • 木造達磨大師坐像 - 延宝6年(1678年)造立、総高 45cm
  • 子安観音堂 - 昭和期再建
  • 水野多門の五輪塔 - 寛永9年(1632年)建立
  • 鞆の津塔 - 承応3年(1654年)建立の五輪塔、総高 280cm
  • 雲版 - 貞享2年(1685年)の作、縦47cm、横52cm
  • 茶筌塚

利用情報[編集]

所在地[編集]

  • 〒720-0202 広島県福山市鞆町後地990-1

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]