安保清康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安保清康

安保 清康(あぼ きよやす、1843年1月30日天保14年1月1日) - 1909年10月27日)は、日本海軍軍人海軍中将従二位勲一等男爵。旧姓、。通称、謙三海軍の先覚者の一人[1]

経歴[編集]

備後国御調郡向島西村(現在の広島県尾道市)の医師・林金十郎の四男として生れる[2][1]。12歳で広島に出て漢学医学を学ぶ。1860年長崎で医学を学び、英国軍艦に乗組んで二年間軍学を学んだ。1865年何礼之が開設した私塾で前島密らとともに学ぶ。 薩摩藩の講師として招かれた前島に誘われ薩摩藩へ移る。1866年小松清廉西郷隆盛に請われ薩摩藩の海軍養成に携わる。1867年薩摩藩に軍艦「春日丸」を購入するよう島津久光に進言。同年「春日丸」に乗組んで三条実美らを筑前から迎え、1868年「春日丸」艦長となる。同年、幕府艦「開陽」と阿波沖に戦い、ついで奥羽北越に転戦した。のち兵庫軍務官出仕、「和泉丸」艦長、兵部権少丞(大坂在勤)、兵部少丞を経て、1871年陸軍中佐大坂鎮台に勤務し1872年兵部省陸軍海軍に分割されると海軍に身を投じ海軍中佐任官。海軍の創設に携わり徴兵令の必要を主張した[3]。以後、海軍省軍務局勤務、兼水平本部長、台湾蕃地事務局勤務、海軍省副官兼軍務局長、兼東海鎮守府副官、神戸臨時海事事務局長などを歴任した。この間、佐賀の乱台湾の役西南戦争出征1880年2月、海軍少将に進級。

兼東海鎮守府長官、海軍省副官、規程局長、参事院議官出仕、元老院議官を経て、1886年1月、主計総監・会計局長となる。1889年3月、少将に復任し海軍将官会議幹事、技術会議議長を歴任し、1890年9月、海軍中将に進級。海軍大学校長、佐世保鎮守府長官を務め、1894年7月、予備役に編入されたが、翌年5月に召集を受け呉鎮守府司令長官に1896年2月まで在任した。1906年1月1日、後備役となる[4]

1896年6月、日清戦争の功により男爵を叙爵し華族となり、同年12月、「安保」に改姓した。

坂本龍馬の晩年の友人で、1867年11月、龍馬が暗殺される直前に、手紙のやりとりをしていた人物の一人。林は面談を求める龍馬からの手紙に促され上京し11月16日近江屋に着き惨劇を知った。谷干城らと瀕死の重傷を負った中岡慎太郎から暗殺の状況を聞き、遺体を鳥野辺に埋葬したとされる[5][2]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『広島県大百科事典』、中国新聞社、1994年、36頁
  2. ^ a b 幕末明治のイギリス外交官・アーネスト・サトウと旧友安保清康
  3. ^ 『新日本人物大観』(広島県版) 人事調査通信社、1959年 ア・イ…4頁
  4. ^ 『官報』第6754号、明治39年1月8日。
  5. ^ 高知県立坂本龍馬記念館|調べる|龍馬Q&A

著書[編集]

  • 『男爵安保清康自叙伝』安保清種出版、1919年。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 『広島県大百科事典』、中国新聞社、1994年
  • 『新日本人物大観』(広島県版)、人事調査通信社、1959年

外部リンク[編集]