安世高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

安世高(あん せいこう、生没年不詳)は、後漢代に西域から渡来した訳経僧は世高。

安息国(パルティア)の太子であったが、王位を伯父に譲り、出家修道に志し、諸方を遊歴するようになった。安息国では、部派仏教に属する説一切有部が流行していたため、世高は観の法や阿毘達摩に通じていた。

桓帝代の建和2年(148年)に、都の洛陽に来朝した。その後、20年にわたって訳経を行い、30部余りの経典を漢訳した。

後世の僧祐は、「幅広く経典を修めていて、中でもアビダルマの学問に精通しており、禅に関する経典も暗誦し、その綱要をほぼ了解していた」と評している(『出三蔵記集』巻13)。

主な漢訳経典[編集]

  • 安般守意経
  • 陰持入経
  • 大道地経
  • 人本欲生経
  • 四諦経
  • 八正道経
  • 転法輪経
  • 阿毘曇五法行経
  • 仏説法受塵経[1]

疑問視されている経典[編集]

  • 八大人覚経[2]

など

なお、「安世高訳」と書いてある仏典は多いが、仮託であることが多い。たとえば上の『八大人覚経』は『出三蔵記集』に見えず、「菩薩・大乗」のような語を用いているので、大乗仏典を翻訳していない安世高とは無関係と考えられる。

脚注[編集]

  1. ^ http://d.hatena.ne.jp/elkoravolo/20110605/1307238633
  2. ^ http://d.hatena.ne.jp/elkoravolo/20110530/1306753636