宇都宮貨物ターミナル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宇都宮貨物ターミナル駅
駅入口(2010年5月)
駅入口(2010年5月)
うつのみやかもつターミナル
- Utunomiya Kamotsu Terminal -
石橋 (1.2km)
(5.2km) 雀宮
栃木県河内郡上三川町大字多功字上の原2970
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 東北本線
キロ程 96.6km(東京起点)
電報略号 ウタ
駅構造 地上駅
開業年月日 1971年昭和46年)12月1日
備考 貨物専用駅
構内に連なるタンク車(2010年5月)
構内に連なるタンク車(2010年5月)
JT専用線のスイッチャー(2009年)
JT専用線のスイッチャー(2009年)

宇都宮貨物ターミナル駅(うつのみやかもつターミナルえき)は、栃木県河内郡上三川町大字多功にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅東北本線宇都宮線)所属。栃木県を中心とする北関東の鉄道物流の中心駅である。

駅構造[編集]

地上駅。南北に通る東北本線の東側に沿って2キロメートルほどの長い構内を持つ。

北側から、着発線、仕分け線、コンテナホームの順に並んでいる。ホームは2面2線、その東側に日本オイルターミナル宇都宮営業所(油槽所)が置かれている。また、仕分け線から日本たばこ産業宇都宮倉庫への専用線が分岐している。

着発線が上下本線に挟まれる形になっている。着発線と仕分け線を結ぶ線路と上り本線が平面交差しないように、上り本線は高架線で通り抜けている。

駅舎には、JR貨物宇都宮宇都宮営業支店が入っている。駅業務は日本オイルターミナルの子会社である宇都宮ターミナル運輸(略称:UTT)が行っている。

また、当駅では日産自動車栃木工場で生産された自動車を、車運車によって本牧操駅近隣の日産自動車本牧専用埠頭まで輸送(これらは海外向けに出荷した完成車を輸送)するため「ニッサン号」を運行していた。開始当初の1970年代の海外ブランドは「DATSUN」(現地ではダツンといっていた)であったが、1981年以降、当時の石原社長が「ライバルのトヨタと同じように海外ブランドを日産に統一する」と述べたことからそれ以降はすべて「日産」となった。出荷された車種はプレジデント・セドリック・グロリア・パルサー(欧州名:サニー)であった。セドリックの大半は香港・シンガポール向けタクシー車であり、残りは中東・中米メキシコの警察車両(パトカー)向けであった[1]。パルサーは欧州名サニーとして販売されており、英国以外の国向けで販売していた仕様であるが実際は国内向けパルサー同様富士重工の委託生産で行っていた。グロリアはクウェート向けとして販売していた。プレジデントは海外では香港のみの販売であった。以前から当駅を代表する盛んな貨物輸送であったが、現在はほとんどが鉄道輸送からキャリアカーに置き換えられてしまった。現在でも、駅構内には車運車へ自動車を積み込みするためのスロープの跡が残っている。

なお、営業活動が盛んでキャリアカーの不足する年度末に限定して、同区間をゼロ(旧・日産陸送)が保有するNISSANカーパックコンテナによって、1日に30台~36台の自動車を輸送している。現在輸送されている自動車は、本牧専用埠頭から海外に輸出する高級車である。

取扱貨物[編集]

貨物列車[編集]

なお、本項の内容は2009年時点のものである。

駅周辺[編集]

運送会社の倉庫などが多く、周辺は水田、住宅、工場などがみられる郊外地である。宇都宮市のゴミ焼却施設(クリーンパーク茂原)や陸上自衛隊宇都宮駐屯地にも近い。 北関東自動車道が駅の上で交差している。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
東北本線(宇都宮線)
石橋駅 - 宇都宮貨物ターミナル駅 - 雀宮駅

保存車両[編集]

かつてJR貨物が貨車の保存施設(貨物博物館)を造ることを計画しており、その展示予定車両として東北新幹線の高架の下にある38番線にコサ900形、ヤ550形、ワフ29500形などの貴重な貨車18両が保存されていた。しかし計画は実現することなく、宇都宮貨物ターミナルで保存するヨ5000形1両を除く17両が2011年6月に他施設へと譲渡された。これまで保存されてきた車両の形式と現在の保存場所は下記の表のとおり[2]

  • 保存車両とその現状
形式 車号 譲渡先 保存場所
ワム70000 75596 三重県
貨物鉄道博物館
栃木県
那珂川清流鉄道保存会
(寄託)
ワフ29500 29855
トラ55000 57523
トキ15000 20073
ク5000 5902
トキ21500 21500 那珂川清流鉄道保存会 同左
ヨ3500 4779
ホキ700 708
ホキ800 1382
ホキ2500 2610
コサ900 901
コキ9100 9100
コキ5500 28478
ヤ550 565
ワフ29000 29041 若桜線SL遺産保存会(鳥取県) 鳥取県八頭町竹林公園
ワフ35000 35597 若桜鉄道八東駅
ヨ6000 6509 法人 えちぜん鉄道勝山駅(予定)
ヨ5000 5008
たから号の車掌車)
JR貨物 宇都宮貨物ターミナル駅構内展示

ク5000形は2004年に、コキ5500形は2006年に追加された車両。その他の車両は1989年から1990年にかけて集められた。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日産では、メキシコとに結びつきが強くメキシコ国内の自動車工場で初の日系企業として注目も熱い。このほか、フォルクスワーゲン、フォード、ジェネラルモーターでも工場を構える中で日系では日産が唯一。
  2. ^ イカロス出版季刊『ジェイ・トレイン』第44号「宇都宮貨物ターミナル駅保管車両の行方」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]