宇津木麗華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
女子 ソフトボール
2000 ソフトボール
2004 ソフトボール

宇津木 麗華(うつぎ れいか、1963年6月1日 - )は、ルネサスエレクトロニクス高崎所属のソフトボール選手(内野手、三塁手)。身長170cm。右投げ左打ち。

中国北京出身。中国名は任彦麗

来歴[編集]

北京市長辛店第三中学校群馬女子短期大学卒。来日前は中国代表として活躍。

宇津木妙子を尊敬し慕っていた。1988年、宇津木妙子を頼って来日し、1995年に帰化(日本名の宇津木姓も妙子から採った)。

1994年、ソフトボールの日本リーグで三冠王達成。主将として出場したシドニーオリンピックでは3連続本塁打の活躍でチームを銀メダルへと導いた。

2003年、日立&ルネサス高崎選手兼任監督に就任。

2004年のアテネ五輪ソフトボール日本代表でも「宇津木ジャパン」の主砲として銅メダル獲得後、現役を引退、日立&ルネサス高崎の監督に専任。

特にアテネオリンピックでは宇津木妙子のマネージメント的役割も兼務していた。現役引退後は監督として、宇津木妙子と共に後進の育成に努める。

2008年北京オリンピックで念願の金メダルを取る。

2011年日本代表監督(ソフトボール協会では「ヘッドコーチ」の肩書)に就任。翌2012年の世界選手権で42年ぶりの優勝をもたらす。

2014年第17回アジア大会、韓国仁川(インチョン)大会、全日本代表監督。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]