宇宙X線背景放射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宇宙X線背景放射 (cosmic X-ray background; CXB)は1962年ロケット実験で存在が確認された、宇宙から等方的にやってくるX線放射である。

その起源については、クエーサー活動銀河核にあるとされる大型ブラックホールなどの点源の集まりからなるのか、広がった高温ガスの熱制動放射由来なのか議論が続いていた。当初、全体の25~30%の成分は点源としてほぼ確認されていたが、放射全ての起源を確認するには至っていなかった。しかし、高い角分解能を持つチャンドラX線衛星の観測によって、宇宙X線背景放射の85%以上が点源からの放射の寄せ集めであることが判明した。