宇久観光バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宇久観光バス株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:857-4901
長崎県佐世保市宇久町平3104番地48
設立 1992年
業種 陸運業
事業内容 一般貸切旅客自動車運送事業
(道路運送法第21条第1項第2号の規定による運送)
資本金 10,000千円
主要株主 佐世保市 8,000千円
テンプレートを表示

宇久観光バス株式会社(うくかんこうバス)は、長崎県佐世保市宇久町に本社を置き、同市の宇久島において路線バス廃止代替バス)を運行するバス事業者である。

概要[編集]

宇久島内で路線バスを運行していた西肥自動車が島内から撤退するのを受け、廃止代替バスの受け皿として1992年(平成4年)に設立され、同年4月1日から運行を開始した第三セクターのバス事業者である。資本金1,000万円で、佐世保市(旧宇久町を編入合併した際に継承後増資)が800万円(80%)を出資している。[1]

2007年3月31日現在、代表取締役社長は佐世保市収入役が兼任、常勤社員は取締役1名と運転士1名の計2名のみ。保有車両も2両のみと最小規模で運営されている。島内の人口減少と自家用車普及で利用客は減少傾向が続いており、2006年度は佐世保市より市内生活路線運行費補助金727万円を赤字欠損補償として交付されている。

路線[編集]

  • 三分団格納庫前 - (啓寿園入口) - 宇久ターミナル - 神浦 - 本飯良 - 大久保
    • 啓寿園入口は平日運行時のみ経由。
    • 宇久ターミナルで佐世保港・博多港方面フェリーと、神浦で寺島・小値賀島方面フェリーと乗換可能。宇久行政センター(旧町役場)最寄りは宇久ターミナル。


出典[編集]

  • 佐世保市監査事務局:財政援助団体等監査結果報告より
  1. ^ [1] (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]