学閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

学閥(がくばつ)とは、特定の職域や組織において、ある学校の出身者同士が形成する排他的な勢力のことである。

解説[編集]

  • 学閥には、組織の長の出身学校によって規定される場合や、長年の慣例から強化・維持されている場合などがある。学閥に係わるのは、必ずしも伝統校や学力上位校に限らず、ある地域や職種において影響力が強い学校であることもある。学閥の勢力が強まり、周囲への支配色を持つまでになると「学閥支配」といった言い方がされることもある。政界では内閣総理大臣を輩出している事や各大学の国会議員数の統計や地方議員数や知事や市長などの首長を輩出している事への各大学の実績。官界で官僚の合格数の実績から力がある学閥の東大出身が有利となり官僚の出世を左右する事や公務員司法試験合格者数の統計。財界では中小企業経営者数の統計から上場企業の経営者や役員数の統計がマスコミや教育関係や経済関係雑誌の調査で輩出上位の大学が明らかにされて、学閥勢力の強弱が時代によって変動があるもの特集として統計が発表されている。堀江貴文著書によると[1]自分が東京大学に入学した理由や一般的に大学に行く価値は、出身大学の卒業生が構成する学閥目当てか教授学術研究目当ての2つのとした。

日本における学閥の例[編集]

関連文献[編集]

  • <著者>永沢宏幸「大学は偏差値ではなく学閥で選ぶべきである」。<出版年>2004年。<日本における学閥の例>の記述。<内容>三田閥(慶應義塾大学)・稲門閥(早稲田大学)・桜門閥(日本大学)・白門閥(中央大学)など国立大学より私立大学が優位で、偏差値より学閥を重視すべきである。
  • <著者>新堀通也 『日本の大学教授市場─学閥の研究─』。<出版社> 東洋館出版社。<出版年>1965年。<解説>の記述
  • <著者>新堀通也 『学閥─この日本的なるもの─』。<出版社> 福村出版社。<出版年>1969年。<解説>の記述。
  • <著者> 島田裕巳 『慶應三田会―組織とその全貌』。<出版社> 三修社。<出版年>2007年。<三田閥>の記述。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ *人生論 (ロングセラーズ、2009年12月、ISBN 484542164X)(ロング新書、2010年12月、ISBN 4845408570