学校法人洗足学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川崎市高津区の洗足学園溝ノ口キャンパス正門。

学校法人洗足学園(がっこうほうじんせんぞくがくえん)は、学校法人にして洗足学園音楽大学等の設置者。

発祥は1924年に東京都品川区戸越に設立された平塚裁縫女学校(1926年より第一高等学校があった碑衾町碑文谷(現在の目黒区洗足)に移転)である。

校名の由来[編集]

日本基督教会の教会員であった前田若尾が、ヨハネによる福音書にあるイエス・キリストの教え「我は主また師なるに、尚なんぢらの足を洗ひたれば、汝らも互に足を洗ふべきなり。われ汝らに模範を示せり、わが爲ししごとく汝らも爲さんためなり。(ヨハネ13:14-13:15)」から命名した。また校歌はこの聖句から作詞された「たがいに足を洗えとのりし み教え守るここの学びや」である。

校歌[編集]

作詞 前田若尾 作曲 柴田すゑ

互いに足を洗えとのりし
 み教え守るここのまなびや
胸にかがやく真澄の鏡
 朝な夕なに照らしうつさん 
 心の影を

おのずからなる心の真玉
 倦まず撓まず磨きみがかん
 清く正しく
互いに足を洗えとのりし
 み教え守るここのまなびや

設置している学校[編集]

かつて設置していた学校[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]