学士(医学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
学士 (医学)から転送)
移動: 案内検索

学士(医学)(がくし いがく、B.M.:Bachelor of Medicine)は学士学位の一つ。医学分野の学位としてはほかに修士(医学)博士(医学)がある。

主に大学医学部卒業生に授与される学位である。日本では医学分野の学士号の歴史は古く、1877年(明治10年)の旧制東京大学の開学とともに、法学士理学士文学士製薬士とともに医学士の学位が定められた[1][2]1887年(明治20年)、帝国大学令が発令され、学士号は学位から称号に移行。医学士号も学位ではなく称号となった[2]

1947年(昭和22年)の学校教育法施行により医学士は同法に基づく称号となり、1963年(昭和33年)には文部省が定めた大学設置基準の中で29種類ある学士号の一種に位置づけられた[3]。1991年(平成3年)、学校教育法及び学位規則の改正により、学士号が再び学位として定められ、従来の「医学士」は「学士(医学)」に改称された[3]。この制度改正に伴い、従前の制度で授与されていた医学士の称号については学校教育法附則にて学位と看做されることとなった[注釈 1][4]

なお、通常は大学の修学年限は4年であるが、医学部と薬学部は6年制を採用しており、6年の修学年限を無事修了することで卒業及び学位授与が認められる。その代わり、同じ医学系統の分野で大学院に進学する際は博士前期課程(修士課程)を経ず、博士後期課程に進学し、博士号の取得を目指すことが可能である。前述の通り、医学分野の修士号も存在しており、主に、他学部卒業生が大学院で医学分野の専攻に進む場合に目指す学位として位置づけられている[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

学校教育法

  1. ^ 附則 (平成三年四月二日法律第二三号) 抄 の4 改正前の学校教育法第六十三条第一項の規定による学士の称号は、改正後の学校教育法第六十八条の二第一項の規定による学士の学位とみなす。

出典[編集]

  1. ^ 明治学位沿革参照。
  2. ^ a b 日本の学士号の起源については、宮地正人佐藤能丸櫻井良樹編『明治時代史辞典第1巻』(吉川弘文館2011年) 487頁、488頁参照。
  3. ^ a b 日本学術会議編「学位に付記する専攻分野の名称の多様化について (PDF) 」参照。
  4. ^ 電子政府ウェブサイト「学校教育法」参照。
  5. ^ 日本の医学教育制度については、日本学術会議編「提言 我が国の医学教育はいかにあるべきか (PDF) 」参照。

参照文献[編集]

文献資料[編集]

  • 宮地正人、佐藤能丸、櫻井良樹編『明治時代史辞典第1巻』(吉川弘文館、2011年) ISBN 4642014616

インターネット資料[編集]

関連項目[編集]