孟浩然

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
孟浩然
Meng Haoran.jpg
孟浩然・『晩笑堂竹荘畫傳』
プロフィール
出生: 689年
死去: 740年
出身地: 湖北省襄陽市
職業: 詩人
各種表記
繁体字 孟浩然
簡体字 孟浩然
拼音 Mèng Hàorán
注音符号 ㄇㄥˋ ㄏㄠˋㄖㄢˊ
和名表記: もう こうねん|もう こうぜん
発音転記: モン ハオラン
ラテン字 Meng4 Hao4jan2
テンプレートを表示

孟浩然(もう こうねん; もう こうぜん、Mèng Hàorán、689年 - 740年)は中国代(盛唐)の代表的な詩人。襄州襄陽(現在の湖北省襄陽市)出身。も浩然。一説には、名は浩だとも言われる。

略歴[編集]

若い頃から各地を放浪し、義侠の振る舞いで人々と交流した。また後漢龐徳公や後年の皮日休ゆかりの鹿門山(襄陽市)に隠棲したこともあった。玄宗の世となってから長安に赴き仕官しようとするが、科挙に及第していないのでかなわなかった。しかし、孟浩然を気に入った韓朝宗との約束を、飲み会のためにすっぽかして朝廷への推薦をだめにしたり、いざ玄宗の前に出ても不平不満を詩にして玄宗を怒らせるなど、立身出世には関心が薄かったようにもみえる。

孟浩然の詩は広く知れ渡り、王維李白張九齢らと親しく交際した(李白には「黄鶴樓送孟浩然之廣陵」という作品がある)。740年、背中にできものがあって調子の悪かった孟浩然は、訪ねてきた王昌齢を歓待するあまり容態が悪化して亡くなった。

自然を題材にした詩が評価されており、詩のなかに人生の愁いと超俗とを行き来する心情を詠みこんでいる。日本では五言絶句「春暁」が特に有名である。詩の特徴から王維と孟浩然は「王孟」と並称された。『孟浩然集』がある。   

著名な作品[編集]

春曉(しゅんぎょう)
原文 書き下し文 通釈
春眠不覺曉  春眠(しゅんみん) 曉(あかつき)を 覺(おぼ)えず 春は気持ちよいので日が昇ったのも知らずに眠っていた
處處聞啼鳥 處處(しょしょ) 啼鳥(ていちょう)を 聞く 目が覚めるとあちらこちらから鳥のさえずりが聞こえている
夜來風雨聲 夜來(やらい) 風雨の聲(こえ) ゆうべは風雨であったが、
花落知多少  花 落つること 知る多少 どれだけの花が落ちてしまったのであろうか

 

関連項目[編集]

参考文献[編集]