孝寧大君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
孝寧大君
Hyoreongdaegun.JPG
孝寧大君遺影
各種表記
ハングル 칭호:효령대군
호:연강
자:선숙
漢字 称号:孝寧大君
号:蓮江
字:善叔
発音: シンホ:ヒョリョンテグン
ホ:ハンガン
チャ:ジョンヒョ
日本語読み: しょうごう:こうねいたいくん
ごう:れんこう
あざな:ぜんじょ
各種表記(本名)
ハングル 이보
漢字 李補
発音: イ・ホ
日本語読み: り・ほ
テンプレートを表示

孝寧大君(ヒョリョンテグン、효령대군1396年9月16日-1486年5月11日)は李氏朝鮮前期の王族。政治家。字は善叔、号は蓮江、諡号は靖孝太宗の次男であり、母は元敬王后。世宗の次兄にあたり、91歳(満89歳)まで生きた。 崇儒抑仏政策に反対して仏教を保護し、王室の元老として政治に参加した。任士洪は孫娘婿で、李梁は五代孫にあたり、また六代孫には仁順王后沈義謙沈忠謙などがいる。

生涯[編集]

1396年9月16日、太宗と元敬王后(驪興閔氏)の次男に生まれた。12歳で鄭易の娘である蘂城府夫人(海州鄭氏)を迎えた。17歳で孝寧大君に封じられた。幼い頃より文学に励み、30歳頃には書道の名人とも言われるほどであった。弓術に長け、父・太宗の寵愛も受けていた。蘂城府夫人との間に六男二女、妾との間に一男一女もうけた。また仏教に興味を抱いて研究し、円覚経般若心経法華経・楞厳経・禪宗永嘉集を翻訳した。儒佛心法同一原を唱え、1464年には円覚寺の建立なども行った。死後はソウル特別市瑞草区方背洞清権祠に祀られている。

血縁関係[編集]

  • 父:太宗 李芳遠 (高麗恭愍王16年(1367年) - 世宗4年(1422年))
  • 母:元敬王后(驪興閔氏)
  • 正妻:蘂城府夫人(海州鄭氏)
    • 長男:誼城君 李寀 (太宗11年(1411年) - 成宗24年(1493年))
    • 次男:瑞原君 李慎性 (太宗13年(1413年) - 成宗6年(1475年))
    • 三男:宝城君 李㝓 (太宗16年(1416年) - 燕山君5年(1499年))
    • 四男:楽安君 李寧 (太宗17年(1417年) - 成宗5年(1474年))
    • 五男:永川君 李定
    • 六男:原川君 李宣
    • 長女:庇仁県主 - 漢城君(安昭公)に嫁ぐ
    • 次女:全晋亨に嫁ぐ
  • 妾:平海孫氏
    • 七男:安康都正