嫦娥計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

嫦娥計画(じょうがけいかく、こうがけいかく[1]中国語: 嫦娥工程英語: Chang'e program)は、中華人民共和国国家プロジェクトとして推進している月探査計画。将来的には有人による長期滞在を目指す。嫦娥とは、中国で月にちなむ女神のことである。2003年3月1日に正式に開始された。大きく「探査計画」、「着陸計画」、「滞在計画」に分かれる。総指揮者、および総設計者は叶培建

計画[編集]

探査計画[編集]

「探査計画」は軌道周回、着陸、サンプルリターンという3段階の計画で、探査機は段階的に月に送り込まれる。すべて無人で行われる。計画には20年を要する。

軌道周回(嫦娥1号嫦娥2号
月面探査機の開発と打ち上げを行い、月面全体を対象とした3次元映像を作成する。
月面の有用な元素の量、及び物質の分布の調査。月の土壌の特性の調査。月の環境の調査。
着陸(嫦娥3号嫦娥4号
月面への着陸、月面探査車(ローバー)による探査を行う。
サンプルリターン(帰還)(嫦娥5号
採取した月面のサンプルを小型の帰還モジュールを使用して地球に持ち帰る。2017年の打上を予定。
中国は地球周回軌道以遠から高速でカプセルを突入・回収した経験がないため、嫦娥5号ミッションに備えて月を周回させた後、10.9km/sの速度で地球大気圏に突入させる試験を2014年内に行う予定[2]

着陸計画[編集]

宇宙飛行士を月面に送り、各種実験を行う。滞在計画のための準備を行う。

滞在計画[編集]

月面基地の建設。宇宙飛行士の長期間の滞在。

ミッションスケジュール[編集]

  • 2007年10月24日18時5分、「嫦娥1号」が打ち上げ成功。
  • 2010年10月1日18時59分、「嫦娥2号」が打ち上げ成功[3]
  • 2013年12月2日1時30分 (CST)、「嫦娥3号」が打ち上げ成功[4]
  • 2013年12月14日21時11分、「嫦娥3号」が世界で3か国目となる月面着陸を果たした。重さ約140kgの無人探査車「玉兎号」により、約3カ月かけて地形や地質構造、資源の分布などを調べる。探査機、探査車とも、その後も月にとどまり、地球には戻らない。
  • 2017年(予定) - 月面軟着陸機の打ち上げ。月面のサンプルを採取し地球に持ち帰る。

影響[編集]

中国政府にとって月探査を含む宇宙開発は、科学技術を向上させ、人工衛星打ち上げや宇宙旅行といったビジネスの獲得、加えて国威発揚などの影響をもたらすとされる。

出典[編集]

  1. ^ 「嫦」は避諱によって「姮」を置き換えた文字であり、「嫦娥」の本来の読みは「こうが」である。
  2. ^ “嫦娥5号の試験機が今年打ち上げへ、帰路を探る案内役”. SciencePortal China. (2014年3月12日). http://www.spc.jst.go.jp/news/140302/topic_3_04.html 2014年3月15日閲覧。 
  3. ^ “中国が月探査船「嫦娥2号」の打ち上げに成功…07年以来2回目” (日本語). サーチナ. (2010年10月1日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1001&f=national_1001_231.shtml 2010年10月1日閲覧。 
  4. ^ “「嫦娥3号」打ち上げ成功”. 中国国際放送局. (2013年12月2日). http://japanese.cri.cn/881/2013/12/02/141s215314.htm 2013年12月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]