婦人の異常な執政に反対する第一声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The First Blast of the Trumpet Against the Monstrous Regimen of Women

婦人の異常な執政に反対する第一声』(ふじんのいじょうなしっせいにはんたいするだいいっせい、The First Blast of the Trumpet Against the Monstrous Regiment of Women)は、スコットランドの宗教改革者ジョン・ノックスの著書。1558年にジュネーヴから出版された。

婦人の執政を異常としており、ローマ・カトリックの君主、特にスコットランド女王メアリー・ステュアートイングランド女王メアリー1世といった女性を主権者にすることに対する反対である。ノックスは神の創造の秩序から女性は支配する権威はないとした。

エリザベス1世はこの本のために、スコットランドへの支援をためらったが、結局1560年、フランスに対抗するためにスコットランドを援助した。

参考文献[編集]

  • 『基督教全史』ケアンズ 聖書図書刊行会

外部リンク[編集]