姫路短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
兵庫県立姫路短期大学
旧:姫路短期大学
旧:姫路短期大学
大学設置/創立 1950年
学校種別 公立
設置者 兵庫県
本部所在地 兵庫県姫路市新在家本町1-1-12
学部 生活環境学科
食物栄養学科
幼児教育学科
経営情報学科
工業科[注 1]
 電気応用専攻[注 1]
 機械紡績専攻[注 1]
 化学工業専攻[注 1]
ウェブサイト 兵庫県立姫路短期大学公式サイト
テンプレートを表示

兵庫県立姫路短期大学(ひょうごけんりつひめじたんきだいがく、英語: Himeji College of Hyōgo)は、兵庫県姫路市新在家本町1-1-12に本部を置いていた日本公立大学である。1950年に設置された。大学の略称は姫短(ひめたん)[注 2]。学生募集は1997年度まで。1998年度より姫路工業大学(現在の兵庫県立大学)環境人間学部の設置により短期大学は学生募集を停止し、1999年3月31日廃止[1]。現在は、兵庫県立大学姫路環境人間キャンパスとなっている。

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 姫路短期大学は、1950年(昭和25年)に姫路工業大学短期大学部として工業科と生活科の2学科からなる県立短期大学として設置された。工業科の廃止に伴って姫路短期大学と改名し、以後学科の改組・新設を経て最終的には4学科を擁する短大になった。

教育および研究[編集]

  • 姫路短期大学には保育者を養成する学科として幼児教育学科があり、学内に併設されていた附属幼稚園での教育実習も取りいれられていた。ほか、栄養士を養成もとり行っていた。

学風および特色[編集]

  • 姫路短期大学は元々は姫路工業大学に併設されていたが、のちに独立した。
  • 男女共学であったが、大半は女子学生だった。

沿革[編集]

  • 1950年 姫路工業大学短期大学部(ひめじこうぎょうだいがくたんきだいがくぶ)として開学。
    • 工業科
      • 電気応用専攻
      • 機械紡績専攻
      • 化学工業専攻
    • 生活科
  • 1957年 工業科が廃止され、姫路短期大学と改称する。
  • 1965年 保育科を増設。学生数:0、105[2][3]
  • 1965年 神戸大学姫路分校(旧制姫路高等学校)跡地にキャンパスを移転(現在の兵庫県立大学姫路新在家キャンパス)
  • 1966年 生活科を専攻分離。
    • 被服専攻
    • 食物専攻
  • 1967年 姫路短期大学附属幼稚園を設置
  • 1975年 所在地表示を「新在家193番地」から「新在家本町1-1-12」へ変更する
  • 1983年 生活科を改組。
    • 被服専攻→生活環境学科 学生数:0 50[2][4]
    • 食物専攻→食物栄養学科 学生数:0 50[2][4]
    • 保育科を幼児教育学科とする。 学生数:0 50[2][4]
    • 経営情報学科を新設する。 学生数:2 48[2][4]
  • 1997年度をもって学生募集を終了。学生数は、以下の通り
    • 生活環境学科:男0、女98[2][5]
    • 食物栄養学科:男1、女98[2][5]
    • 幼児教育学科:男0、女102[2][5]
    • 経営情報学科:男0、女101[2][5]
  • 1998年 姫路工業大学に環境人間学部を設置。翌年度より姫路工業大学の一般教育部(1998年3月31日廃止)とともに4年制の環境人間学部に再編され、発展的に閉学された。
  • 1999年 49年の歴史に幕を閉じる。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 兵庫県姫路市新在家本町1-1-12

象徴[編集]

  • 姫路短期大学のカレッジマークは姫路市の市花であるユリノキイメージしたものとなっていた。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 生活環境学科
  • 食物栄養学科
  • 幼児教育学科
  • 経営情報学科
  • 工業科[注 1][6]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格

  • 栄養士資格を取得するための課程が食物栄養学科に設置されていた。
  • 幼稚園教諭二種免許状および保育士資格を取得するための課程が幼児教育学科に設置されていた。

教職課程

附属機関[編集]

  • 附属図書館:1982年に竣工された。その翌年度より学外開放を行っている。所蔵資料数は1997年度当時、80,000冊を越えていた。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 姫路短期大学の学園祭は「樹励祭」と呼ばれ、最終となった1998年については、既に環境人間学部が発足していたこともあり、姫路工業大学の工大祭と合同で実施された。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 姫路短期大学の同窓会は「ゆりのき会」と称している。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 設備:1990年8月30日、姫路短期大学の講堂やゆりのき会館が姫路市都市景観重要建築物に指定された。キャンパスの概要等は兵庫県立大学の項目も参照。
  • かつて学内にあった兵庫県立姫路短期大学附属幼稚園時の建物は現在、兵庫県立大学姫路新在家キャンパスのいちょう北・南館として使われている。また、遊具は2003年ごろまで残っていたが、現在では、環境人間学部における研究用のビオトープとして整備されている。

[編集]

  • 姫路短期大学には学生寮が設置されておらず、遠隔地出身者は下宿を利用することになっていた。

対外関係[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 1972年4月1日より公開講座が開かれた。
  • 1986年度より短大で行っている公開講座に加えて、但馬丹波地域においても特別公開講座が行われるようになった。
  • 1992年10月より、出前講座を行っていた。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

附属学校[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

出典[編集]

  1. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』252頁より。
  2. ^ a b c d e f g h i 出典:『全国学校総覧
  3. ^ 昭和41年度版26頁より。
  4. ^ a b c d 昭和59年度版40頁より。
  5. ^ a b c d 1998年度版61頁より。
  6. ^ ちなみに、『全国学校総覧』(昭和30年度版)によれば118人(全員男子)が在籍していたというデータがある。
  7. ^ a b 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)49頁より。

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 募集は概ね1955年度まで。
  2. ^ ただし、姫路市街地で単に「短大」と言えば、姫路短大を意味していた。
  3. ^ 姫路工業大学・賢明女子学院短期大学などの学生と合同で活動していた。
  4. ^ 「わらべ会」という名称で活動していた。