姚嘉文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華民国の旗 中華民国台湾)の政治家
姚嘉文
Iâu Ka-bûn
TaiwanPostMartialLaw20ySeminar CWYao.jpg
生年月日 1938年6月15日(75歳)
出生地 日本の旗 日本 台湾彰化県
出身校 台湾大学大学院
所属政党 民主進歩党

任期 1987年12月20日 - 1988年10月30日
テンプレートを表示
Iâu Ka-bûn
職業: 政治家
各種表記
繁体字 姚嘉文
簡体字 姚嘉文
拼音 Yáo Jiāwén
注音符号 ㄧㄠˊ ㄐㄧ ㄚㄨㄣˊ
和名表記: よう かぶん
発音転記: ヤオ ジャーウェン
英語名 Yao Chia-wen
テンプレートを表示

姚 嘉文(よう かぶん)は、台湾政治家考試院長、元民主進歩党主席。

1957年、台湾省の公務員普通統計職員試験にトップで合格すると、交通部電信総局(現在の中華電信)に入った。その後、台湾大学法学部などを卒業し、1966年弁護士の資格を得る。カリフォルニア大学バークレー校への留学から帰国した1973年には、林義雄張徳銘と一緒に弁護士事務所「平民法律服務中心」を設立した。また、比較法学会の総幹事として司法改革や法治主義の推進に努めた。1975年、林義雄と郭雨新の訴訟を提起し、「党外大護法」の栄誉を受ける。1978年には「護法と変法」を出版し、国会の全面改選を訴えた。同年開催された国民大会代表選挙に参加したが、おりしもアメリカ中華民国との断交が決まり、選挙は中止された。

1979年美麗島事件で逮捕、起訴され懲役12年の判決を受ける。その後、1987年に仮出獄すると、同年12月に第2代民進党主席に当選する。1988年、民進党主席として「台湾主権独立案」を採択した。翌1989年には台湾新憲法の枠組みを提案する。またこの年、妻の周清玉が彰化県長に当選、自身も県政府顧問に就任する。1992年の立法委員選挙では当選したものの、再選を狙った1995年の選挙ではあえなく落選。再起をかけた1998年の選挙でも落選してしまう。その後、2000年陳水扁総統に就任すると、総統府資政に就任する。2002年から2008年まで考試院長を務めた。


 中華民国の旗中華民国
先代:
許水徳
考試院院長
2002年 - 2008年
次代:
王建煊
民主進歩党
先代:
江鵬堅
党主席
1987年 - 1988年
次代:
黄信介