姉崎正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
姉崎正治

姉崎 正治(あねさき まさはる、1873年7月25日 - 1949年7月23日)は、京都府生まれの評論家宗教学者キリスト教仏教)である。ペンネーム姉崎 嘲風(あねさき ちょうふう)。別名姉嵜正治。

第三高等中学校を経て、1893年東京帝国大学(現・東京大学)哲学科に入学。井上哲次郎ケーベルについて学ぶ。1896年、同大学同学科卒業。1900年ドイツイギリスインド留学し、1903年に帰国。

1904年、同大学教授となる。1905年、同大学文科大学に宗教学講座を開設。日本の宗教学研究の発展の基礎を築いた。東京大学宗教学研究室には、彼の写真が今も飾られている。仏教、神道、キリスト教の三教の宗教家懇談会を主催する。また、諸宗教の相互理解と協力組織の帰一協会にも尽力する。

ジャパン・レビューにも寄稿した。また、1923年から1934年までは、同大学の図書館長を務め、関東大震災の被害に遭った図書館の復興に尽力した。1928年レジオンドヌール勲章受章。1939年7月から1947年5月まで貴族院帝国学士院会員議員

学問研究の分野だけではなく、文人としても優れた才能を持ち、帝大在学中には高山樗牛らと『帝国文学』を創刊した。高山の死後、笹川臨風とともに『樗牛全集』を編集した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]