如意自在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「如意自在」

如意自在(にょいじざい)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪

如意」とは僧侶の持つ仏具のことで、孫の手のように背中を掻くためにも用いられていた[1]。石燕によるこの妖怪画の解説にも「如意は痒ところをかくにおのれがおもふところにとどきて……」と綴られており、背中などに手が届かない際に、自在に痒いところを掻くことができる如意を不思議な妖怪にたとえたものと解釈されている[2]

室町時代の『百鬼夜行絵巻』に如意が空を飛ぶ様子が描かれていることから、『百器徒然袋』中の多くの付喪神と同様、石燕がこれをもとにしてこの妖怪を描いたとも考えられている[3]

妖怪漫画家水木しげるの説によれば、付喪神(器物が変化した妖怪)の一種であり、孫の手同様に長い腕と指で痒いところを掻く妖怪とされるが、油断すると爪で手痛い傷を負わされるとされている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 如意”. 東京国立博物館. 2011年10月20日閲覧。
  2. ^ 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会1992年、301頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  3. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、254頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  4. ^ 水木しげる妖鬼化』5、Softgarage2004年、132頁。ISBN 978-4-86133-027-8

関連項目[編集]