如己堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
如己堂

如己堂(にょこどう)は、長崎県長崎市にある、永井隆 (医学博士)白血病の療養をしていた建物である。長崎の被爆から約3年後の1948年昭和23年)3月、長崎市浦上の人達やカトリック教会の協力により建てられた。この二畳一間の部屋で、永井隆の著名な作品の数々が生まれた。現在は、隣接地に長崎市永井隆記念館が建てられている。

名前の由来[編集]

新約聖書マルコによる福音書12章31節にある「己の如く人を愛せよ」という言葉から名付けられた。

歴史[編集]

如己堂が建てられた場所は、帳方屋敷の跡地でもある。帳方とは、潜伏キリシタンの信仰組織における組頭である(惣頭ともいう)。浦上村の初代帳方は孫右衛門で、その後の帳方も孫右衛門の子孫から選ばれており、この地にあった帳方屋敷に住んでいた。1856年に起きた浦上三番崩れにより、初代孫右衛門から続いた帳方は7代目の吉蔵で途絶えることになったが、この吉蔵は永井隆の夫人・みどりの曾祖父にあたる。

その他[編集]

所在地[編集]

〒852-8112 長崎県長崎市上野町22-6

参考文献[編集]

  • 『長崎遊学2 長崎・天草の教会と巡礼地完全ガイド』(長崎文献社、2005年) ISBN 4888510911
  • 『旅する長崎学4』(長崎文献社、2006年) ISBN 9784888511131

外部リンク[編集]