女王蜂 (1963年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
女王蜂
Una storia moderna: l'ape regina
監督 マルコ・フェッレーリ
脚本 原作脚本 ラファエル・アスコナ
マルコ・フェッレーリ
共同脚本 ディエゴ・ファッブリ
パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
マッシモ・フランチオーザ
原案 ゴッフレード・パリーゼ
製作 ヘンリック・クロシツキ
アルフォンソ・サンソーネ
出演者 ウーゴ・トニャッツィ
マリナ・ヴラディ
音楽 テオ・ウズエリ
撮影 エンニオ・グァルニエーリ
編集 リオネッロ・マッソブリオ
製作会社 イタリアの旗 サンクロ・フィルムフェア・フィルム
フランスの旗 マルソー=コシノール(コシノールレ・フィルム・マルソー
配給 フランスの旗 コシノール
アメリカ合衆国の旗 エンバシー・ピクチャーズ
公開 イタリアの旗 1963年4月7日
フランスの旗 1963年5月9日CIFF
アメリカ合衆国の旗 1963年9月16日(NYC
日本の旗 1963年10月
上映時間 フランスの旗 90分
イタリアの旗 88分
アメリカ合衆国の旗 85分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

女王蜂』(じょおうばち、イタリア語: Una storia moderna: l'ape regina, 「ある現代の物語 女王蜂」の意、英語: The Conjugal Bed, 「夫婦のベッド」の意)は、1963年(昭和38年)製作・公開、マルコ・フェッレーリ監督のイタリアフランス合作映画である[1][2]イタリア式コメディの1作である[1]

略歴・概要[編集]

本作は、1963年、イタリアの映画会社サンクロ・フィルムフェア・フィルムが、フランスの映画会社マルソー=コシノール(コシノールおよびレ・フィルム・マルソー)と合作で製作、ラツィオ州ローマ県ローマ市内、とりわけコンチリアツィオーネ通り等でロケーション撮影を行い、完成した[1]ゴッフレード・パリーゼの最初のアイデアをラファエル・アスコナ、マルコ・フェッレーリの2人がストーリーを練り、ディエゴ・ファッブリパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレマッシモ・フランチオーザとともに集団執筆を行って脚本を作成したものである[1]

イタリア国内でまず同年4月7日に封切られ、同年5月9日に開催された第16回カンヌ国際映画祭に出品され、マリナ・ヴラディ女優賞を獲得した[1]。同年9月16日アメリカ合衆国では、エンバシー・ピクチャーズの配給によりニューヨークで公開された[1]。同年10月、日本でも、 松竹映配の配給により公開されている[3]。翌1964年(昭和39年)、アメリカ合衆国では、第22回ゴールデングローブ賞において、マリナ・ヴラディが主演女優賞 (ドラマ部門)にノミネートされたが、賞は逸した[1]。同年、ナストロ・ダルジェント賞において、ウーゴ・トニャッツィナストロ・ダルジェント主演男優賞を受賞した[1]

2006年(平成18年)9月19日、メドゥーザ・フィルム傘下のメドゥーザ・ヴィデオがイタリア国内でのDVDを発売した。日本では、2011年(平成23年)2月現在までに、VHSおよびDVDいずれの形式でもビデオグラムは発売された形跡はない[3]

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順
ノンクレジット・アルファベット順

参考文献[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h L'ape regina, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年2月18日閲覧。
  2. ^ Ape Regina, allmovie (英語), 2011年2月18日閲覧。
  3. ^ a b 女王蜂、allcinema ONLINE, 2011年2月18日閲覧。
  4. ^ Henryk Chrosicki - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  5. ^ Alfonso Sansone - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  6. ^ Massimiliano Capriccioli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  7. ^ Rosa Sansone - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  8. ^ Luciana Marinucci - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  9. ^ Lionello Massobrio - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  10. ^ Riccardo Fellini - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  11. ^ Melissa Drake - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  12. ^ Mario Giussani - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  13. ^ Jacqueline Perrier - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  14. ^ Sandrino Pinelli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  15. ^ Jusupoff Ragazzi - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  16. ^ Pietro Tattanelli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。
  17. ^ Les Films Marceau - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]