女らしさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

女らしさ(おんならしさ)とは、これが女性の特性(あるいは特徴・要件等)である、と特定の話者や特定の集団が想定している観念群のことである。「男らしさ」に対置される観念。

概説[編集]

「女らしさ」は、文化圏、地域、宗教の教派、歴史、時代、世代、家庭環境、個人の嗜好などの影響を受けつつ形成され、多様である。同一地域、同一文化圏であっても、時代とともに変化してゆくことは多く、ある人が思い描く「女らしさ」も、年齢や経験とともに変化してゆくことは多い。

例えば、日本では「男は度胸、女は愛嬌」というが、これは女性は愛嬌があるほうが女らしくて魅力的だ、つまり、女性というのは、愛想が良くあるべきだ、とか、笑顔を見せてひとに感じ良く振る舞うほうが女性としての魅力がある(そうあるべきだ)、という考え方である。

一概には言えないが、要素ごとに、文化的に醸成されたものである、とする見解や、生物学的差異に由来するもの、とする見解がある。例としては、前者を指摘する場合は、(しつけ)や社会環境(前述の文化・地域・宗教・歴史・家庭環境 等)による人格形成への影響などを指摘する見解がある。後者を指摘する場合は、ホルモンの違い、(その結果として生じる)脳の性差などで性格・性向が規定されている可能性を指摘する見解がある。文化人類学者などは文化的な面に比重を置いて言及し、生物学者などは生物学的な面に焦点を当てて他の面を見落としてしまうことが多い。いずれにせよ、全ての要素を一般化して説明することは困難である。

なお、コミュニケーションのしかたについては、Deborah TannenやJulia T. Woodらによって、男女差(「男らしさ」(「男のやりかた」)「女らしさ」(「女のやりかた」)があることが指摘されている。それが相互不理解、相互誤解のもとにもなっているという。詳しくは 記事「コミュニケーション#コミュニケーションの男女差」を参照のこと。

日本[編集]

もともと日本人の大半を占めていた農家では、「よく働くこと」「働き者」が、良き女性、魅力的な女性の要件であった。

明治以降の「女らしさ」[編集]

西洋のバレエの中で表現された「女らしさ」

明治時代から「女らしさ」は女性の自然の発露であると述べる人もいた。あまりに人工的なものは疎んじられていた、と指摘する人もいる。

例えば次のようなものが「女らしさ」と考えられた。

  • 感情表現が豊か
  • 細やか
  • 子供に対する愛情が豊か。あるいは、いわゆる「母性」。
  • (男性に比べて)より安全な方法を好む。無謀なことを避ける。平和を好む。(無駄に)自分の勇敢なところを見せようとはしない。
否定的には
  • 「感情的」[注 1]ヒステリック[注 2]
  • 「すぐに泣く、を流す」[注 3]「泣いてゴマかす」「ウソ泣きで(周囲の)人を操ろうとする」
  • 「ズルい」[注 4]
  • 嫉妬深い」「すぐにねたむ」[注 5]
  • 「欲深い」「自分のことばかり考えている」[注 6]
  • 「不平・不満ばかりを言う」[注 7]
  • (男性と比べて)(自分のやること、やるべきことに注意を向けておらず)「自分の外見のことばかり気にしている」「ひとからの評価ばかり気にしている」[注 8]

フェミニズム[編集]

フェミニズムにおいては、「女らしさ」は強制、ととらえられる。

現代の若者の意識調査[編集]

文部科学省の外郭団体である財団法人「一ツ橋文芸教育振興会」と「日本青少年研究所」は、2003年秋に日本米国韓国中華人民共和国の高校生各千人を対象にアンケート調査を行い、2004年2月にその結果を発表した。この結果にもとづき、読売新聞は、日本では「女は女らしくすべきだ」を肯定した生徒が28.4%であり、他国(米58.0%、中71.6%、韓47.7%)よりも「突出して低い」と報じた。また、「男は男らしく」を肯定した人も43.4%と、4カ国で唯一半数以下であると指摘した[1]

なお、上記の新聞記事が引用し、日本青少年研究所が公開している調査報告書には、単純集計結果と男女別集計結果が記されている。この報告書における男女別集計結果によれば、調査対象者と各項目を肯定した者の男女比は下記の通りである[2]

調査対象と調査結果(「肯定」は「全くそう思う」と「まあそう思う」の割合の合計。単位は%)
日本 米国 中国(大陸) 韓国
調査対象 (男子:女子) 35.0:64.8 47.6:52.1 45.7:54.0 52.9:47.1
女は女らしくすべきだ 肯定 (男子:女子) 38.9:22.5 61.0:55.5 75.4:68.0 61.3:32.3
男は男らしくすべきだ 肯定 (男子:女子) 49.2:40.4 65.1:62.4 83.0:79.7 67.4:40.9


読売新聞2月20日朝刊の社説は、「日本青少年研究所」が公開した4カ国対象の意識調査において、「女は女らしくすべきだ」を肯定した日本の生徒が少なかった事などにもとづき、「教育界で流行している『ジェンダーフリー』思想の影響を見て取ることができる。」とし、その社説の最後で「調査結果は、倒錯した論理が広がったときの恐ろしさを示している。」と結論づけた[3]

現代日本での「女らしさ」の具体例[編集]

心理学者柏木恵子は[要出典]、「美」と「従順」を基調としている、としている。

脚注[編集]

  1. ^ 「男らしさ」を「感情の表現を抑える」とした場合の、裏表の関係にある観念。比較によって自然に生まれる評価。
  2. ^ 医学的にも、16世紀以来、ヒステリーは女性に典型的な病気だと考えられてきた。「ヒステリー」の記事も熟読のこと。
  3. ^ 「男らしさ」が「感情をおもてに出さないこと」とする観念との対比・比較によって生まれる観念。
  4. ^ 「男性らしさ」を「潔い(いさぎよい)」とした時の、裏表の関係の観念。比較によって自然に生まれる評価。
  5. ^ 男性
  6. ^ 「男性らしさ」を「天下国家のことを考える」「自分(個人)を超えた人類社会全体のことを大切にする」とした時の、裏表の関係の観念。比較によって自然に生まれる評価。
  7. ^ 「男性らしさ」は「我慢強いこと」「よく耐えること」、という観念によって、比較・対比によって自然に生まれる評価。
  8. ^ 「男性らしさ」が「良い仕事をしようとする(意欲・覚悟・気骨がある)」「天下・国家という価値観で自分の仕事を判断し、周囲の人間からの評価は気にしない、あてにしない」いう観念との比較・対比によって自然に生まれる評価。
出典
  1. ^ 2004年2月17日読売新聞朝刊
  2. ^ 高校生の生活と意識に関する調査 (日本青少年研究所 2004.2)
  3. ^ 読売新聞2004年2月20日朝刊:社説

関連文献[編集]

外部リンク[編集]