女と将軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
女と将軍
La ragazza e il generale
監督 パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
脚本 ルイジ・マレルバ
パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
原案 マッシモ・フランチオーザ
パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
製作 カルロ・ポンティ
製作総指揮 ルチアーノ・ペルージャ
出演者 ロッド・スタイガー
ヴィルナ・リージ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 エンニオ・グァルニエーリ
編集 ヨランダ・ベンヴェヌーティ
製作会社 イタリアの旗 コンコルディア・コンパーニャ・チネマトグラフィカ
チャンピオン
配給 MGM
公開 イタリアの旗 1967年9月13日
日本の旗 1968年5月23日
上映時間 103分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

女と将軍』(おんなとしょうぐん、イタリア語: La ragazza e il generale, 英語: The Girl and the General)は、1967年(昭和42年)製作・公開、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ監督のイタリアフランス合作映画である[1][2]イタリア式コメディの1作である[1]

略歴・概要[編集]

本作は、1967年、ローマの映画会社コンコルディア・コンパーニャ・チネマトグラフィカチャンピオンが製作した[1]。撮影サイズには、本作を世界配給したアメリカ合衆国の映画会社MGMが当時採用していた「1.75:1」の比率をもつメトロスコープを採用した[1]。同サイズは現在では廃止されている。イタリアでは同年9月13日、アメリカでは The Girl and the General のタイトルで同年翌月に公開された[1]

日本では、MGM日本支社が配給して翌1968年(昭和43年)5月23日、東京・有楽町丸の内松竹等で公開された[1]。ビデオグラムは発売されていない[3]

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順
ノンクレジット

参考文献[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f La ragazza e il generale, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年2月15日閲覧。
  2. ^ La Ragazza e il Generale, allmovie (英語), 2011年2月15日閲覧。
  3. ^ 女と将軍、allcinema ONLINE, 2011年2月15日閲覧。
  4. ^ Luciano Perugia - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月15日閲覧。
  5. ^ Ennio Guarnieri - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月15日閲覧。
  6. ^ Luciano Spadoni - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月15日閲覧。
  7. ^ Dario Micheli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月15日閲覧。
  8. ^ Maria De Matteis - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月15日閲覧。
  9. ^ Jolanda Benvenuti - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月15日閲覧。
  10. ^ Tony Gaggia - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月15日閲覧。
  11. ^ Valentino Macchi - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]