奉書紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

奉書紙(ほうしょがみ)は、を原料とした厚手の

基本的な構造は楮紙と同じであるが、黄葵の根や白土などを混ぜてより強度と厚みを増やしている。

越前奉書が有名。室町時代ころから漉かれていた。室町幕府がこの紙を公文書として用いた事から、命令書の意の「奉書」紙と呼ばれるようになったという。

後に技術が全国に伝播し、各地で奉書紙が作られるようになった。現在も、主として儀礼用に用いれており、天理教祭文用にも使われている。

奉書焼[編集]

スズキアマダイを奉書紙で包み、時間を掛けて焼き上げる料理を奉書焼という。スズキを使ったものは島根県松江市郷土料理の一つ。

関連項目[編集]