奈良県立橿原公苑野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
県立橿原公苑野球場
(佐藤薬品スタジアム)
橿原公苑野球場
施設データ
所在地 奈良県橿原市畝傍町52(橿原公苑内)
座標 北緯34度29分13秒
東経135度47分33秒
座標: 北緯34度29分13秒 東経135度47分33秒
開場 1952年(昭和27年)7月
グラウンド 内野:黒土、外野:人工芝(ロングパイル・ドリームターフ)
照明 照明塔: 6基(内野1,200Lx、外野700Lx)
使用チーム • 開催試合
大和侍レッズ、高校野球奈良県予選、奈良県知事杯の大学・社会人野球大会など
収容能力
10,000人(特別席2,500、内野席3,000、外野席4,500)
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積: 12,572平方メートル
両翼93m、中堅120m
フェンス 2.3m

奈良県立橿原公苑野球場(ならけんりつ・かしはらこうえん・やきゅうじょう)は、奈良県橿原市橿原公苑にある野球場である。

命名権の公募により佐藤薬品工業がこれを取得し、2010年7月1日から3年間(年間500万円)の契約で「佐藤薬品スタジアム(さとうやくひんスタジアム)」の愛称が付けられている[1]

概要[編集]

夏の高校野球・奈良予選大会のメイン会場など、高校野球社会人野球などの主要大会で使われており、奈良市鴻ノ池球場と並ぶ奈良県下最大の球場と位置づけられている。なお2008年以降、奈良県内の高校は学校再編による出場高校減少により、夏の甲子園奈良予選は当橿原球場のみでの開催となっている。2012年には関西独立リーグに参加した大和侍レッズが本拠地として使用した。

歴史[編集]

施設概要[編集]

鉄筋コンクリート造2階建

  • グラウンド面積:12,572m²
  • 両翼:93m、中堅:120m
  • 収容人員10,000人(特別席2,500、内野席3,000、外野席4,500)
  • 照明:45灯用照明鉄塔6基(内野1,200Lx、外野700Lx)(プロ野球一軍ナイトゲーム開催不可)
  • スコアボード:磁気反転式

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 愛称は佐藤薬品スタジアム - 県立橿原公苑野球場 奈良新聞2010年5月28日
  2. ^ 奈良県スポーツ支援センターに問い合わせて確認(2010年9月)
  3. ^ PL学園1984(昭和59年)第39回わかくさ国体PL学園記録サイトより
  4. ^ 愛称は佐藤薬品スタジアム - 県立橿原公苑野球場 奈良新聞2010年5月28日
  5. ^ 夏の熱戦 舞台リニューアル朝日新聞2010年07月05日
  6. ^ 大和高田クラブの日記-記念試合結果大和高田クラブのブログより
  7. ^ 48年会!三浦大輔公式ブログ
  8. ^ 愛称が決定しました(奈良県公式サイト)
  9. ^ 橿原公苑野球場:愛称「佐藤薬品」 命名権を継続 /奈良:毎日新聞2013年5月23日
  10. ^ ティアラカップ奈良大会
  11. ^ ティアラカップ奈良大会
  12. ^ [1]
  13. ^ 公式チャンネルダイジェスト(YouTube)

外部リンク[編集]