奇異性塞栓症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

奇異性塞栓症(きいせいそくせんしょう、英:paradoxical embolism)とは右-左短絡が存在する心奇形を有する動物において、静脈に出現した塞栓が開存孔を介して左心に移行し、動脈末梢において塞栓症を引き起こすもの。獣医学領域では犬糸状虫による奇異性塞栓症が有名。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本獣医病理学会編集 『動物病理学総論 第2版』 文永堂出版 2001年 ISBN 4830031832