奄美海運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奄美海運株式会社
種類 株式会社
略称 A"LINE
本社所在地 日本の旗 日本
892-0814
鹿児島県鹿児島市本港新町3
北埠頭旅客ターミナル1階
設立 1978年7月22日
業種 海運業
事業内容 一般旅客定期航路事業
資本金 4,000万円
従業員数 49人
決算期 9月
主要株主 マルエーフェリー株式会社
外部リンク http://www.aline-ferry.com/
テンプレートを表示


フェリーきかい(名瀬港)
「フェリーきかい」乗船風景(名瀬港)

奄美海運株式会社(あまみかいうん)は、鹿児島県鹿児島市泉町に本部を置く海運会社。グループ会社はマルエーフェリー

離島航路整備法に基づく国庫補助対象航路(離島航路のうち唯一かつ赤字の航路)である鹿児島から喜界島奄美大島徳之島沖永良部島を結ぶ航路を運航している。

沿革[編集]

  • 1953年12月: 親会社の大島運輸株式会社(現 マルエーフェリー)を設立。
  • 1978年7月22日: 奄美海運株式会社を設立。
  • 1978年 9月: 名瀬支店を開設。
  • 1978年10月: 鹿児島 - 喜界島 - 徳之島(平土野)航路を開設、同航路に「あまみ丸」就航。
  • 1979年 7月: 沖永良部島(知名)への航路延長許可、フェリー化し「フェリーきかい」(初代)就航。
  • 1987年 5月: 大島運輸より「エメラルドあまみ」を傭船[要出典]、「フェリーあまみ」(初代)に改名し就航。
  • 1989年 4月: 知名航路に「フェリーあまみ」(2代)就航。
  • 1995年11月: 平土野航路に「フェリーきかい」(2代)就航。
  • 2003年2月[要出典]: 鹿児島港の接岸埠頭を鹿児島新港から鹿児島本港北埠頭へ移転。
  • 2006年 4月: 知名航路に「フェリーあまみ」(3代)就航。

[1]

航路[編集]

いずれの航路も、鹿児島港での接岸埠頭はグループ会社のマルエーフェリーと異なるので注意を要する。

  • 鹿児島 - 喜界 - 平土野航路
  • 鹿児島 - 喜界 - 知名航路(斜字は下り便のみ寄港)
    • 鹿児島本港北埠頭 - 湾港(喜界島) - 名瀬港(奄美大島) - 古仁屋港(奄美大島) - 平土野港(徳之島)- 知名港沖永良部島) ※主に「フェリーあまみ」にて運航。
  • その他
    • 知名港折り返しの場合、上りは古仁屋港を寄港しない(月・水鹿児島出港のフェリーあまみ)。

船舶[編集]

マルエーフェリーと共通のファンネルマーク(画像は「琉球エキスプレス」)

ファンネルマークおよび船体塗装は、親会社のマルエーフェリーと共通である。前者はオレンジに赤丸の中に赤字でアルファベットの「A」が書かれ、余白は白色となっており、意匠の特徴であるアルファベットの「A」は本社が所在する奄美大島の頭文字に因んでいる[2]。また、後者は喫水線上については上半分が白、下半分が青であるほか、船体側面中央には赤字で「A"LINE」のロゴマークが書かれるとともに、船首には3本の青線と赤丸の中に赤字でアルファベットの「A」が描かれている。

  • フェリーきかい
    1995年6月竣工。2,878総トン、全長112.54m、全幅17.80m、出力5,250PSx2、航海速力20.0ノット(最大21.787ノット)。
    旅客定員365名(1等、2等寝台、2等洋室、2等)。積載数:トラック24台、乗用車18台、コンテナ(10ft)70個ほか。林兼船渠長栄造船所建造。鉄道建設・運輸施設整備支援機構と共有。
  • フェリーあまみ
    2005年8月竣工、2006年就航。2,942総トン、全長112.00m、全幅17.80m、出力5,250PSx2、航海速力20.5ノット(最大21.38ノット)。
    旅客定員243名(1等、2等寝台、2等洋室、2等)。積載数:トラック18台、乗用車24台、コンテナ(10ft)66個ほか。三菱重工業下関造船所建造。鉄道建設・運輸施設整備支援機構と共有。
    バリアフリー対応船。

関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会社概要 - マルエーフェリー(2012年12月24日閲覧)
  2. ^ 新造船情報 その24 煙突 - マルエーフェリー

参考文献[編集]

  • 日本船舶明細書I 2008年版 - 社団法人 日本海運集会所(2007年12月30日発行)

外部リンク[編集]