夷隅川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夷隅川
夷隅川
夷隅川(大多喜)
水系 二級水系 夷隅川
種別 二級河川
延長 約68 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 約299 km²
水源 勝浦市上植野
河口・合流先 太平洋いすみ市
流域 千葉県
テンプレートを表示

夷隅川(いすみがわ)は、千葉県の房総半島南東部を流れる二級河川である。千葉県最大の流域面積をもつ。

地理[編集]

清澄山系の東方の勝浦市上植野に源を発し、数多くの渓流をあわせ複雑に蛇行しながら北流した後、大多喜町付近でその流れを東折し、いすみ市岬町和泉で太平洋に注ぐ。 全流域面積の約60%は山地となっている。

夷隅川流域は古くから水田が多く、夷隅川を利用した農耕が盛んである。生活用水としても利用されている。

夷隅川の上流部は流路の蛇行が激しく、丘陵地帯を緩やかな渓谷をなして流れている。 河口より約6.2km 上流に位置する潮止堰より下流は感潮区間となっている。 河岸の植生には竹林の分布が顕著。

流域の自治体[編集]

千葉県
勝浦市夷隅郡大多喜町いすみ市

※支流は夷隅郡御宿町にも及ぶ。

支流[編集]

  • 古新田川
  • 西畑川
  • 大野川
  • 落合川
  • 松丸川
  • 神置川
  • 椎木川
  • 江場土川
  • 新川

生物[編集]

夷隅川流域は、国の天然記念物に指定され絶滅危惧種であるミヤコタナゴの分布域にあたり、流域内の細流やなどに現在も生息が確認されている。同じく絶滅危惧種であるメダカなども細流や池に数多く生息していたが、近年は生息数が減少している。過去にはミヤコタナゴの稚魚の放流が行われていた。

コイフナウグイウナギアユの放流も行われており、1991年まではサケの試験放流が行われていた。その効果もあってか、アユの遡上が確認されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]