失楽園 (渡辺淳一)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

失楽園』(しつらくえん)は、渡辺淳一恋愛小説、また、それを原作とした映像作品。小説は1995年から翌年にかけて『日本経済新聞』に掲載され、1997年2月講談社から単行本として刊行された [1]。上下巻を合わせた年間発行部数は267万部、その後300万部を突破した。

概要[編集]

不倫を主題とし、一般向け新聞連載ではあまり例のない性描写が含まれている。映画・テレビドラマ化され、「失楽園」というタイトルが流行語にもなった。有島武郎の心中事件をモチーフとしている。

あらすじ[編集]

出版社の敏腕編集者である久木祥一郎は、ある日突然、編集の第一線から閑職の調査室配属を命じられた。そんな久木の前に、友人・衣川が勤めるカルチャーセンターで書道の講師をしている松原凛子という美しい人妻が現れる。彼女は“楷書の君"と呼ばれているほど折り目正しく淑やかな女性だが、久木の強引でひたむきな恋の訴えに、やがて彼を受け入れた。そして、週末毎に逢瀬を重ねていくうちに、凛子はいつの間にか性の歓びの底知れない深みに捕われていく。

二人の関係は次第にエスカレートしていき、凛子の養父が死んだ通夜の晩、久木にせがまれた凛子は、夫や母親の眼を逃れて喪服姿のままホテルで密会した。凛子は罪悪感にさいなまれるが、それはかえってふたりの気持ちを燃え上がらせる。やがて、久木は密かに都内にマンションを借り、凛子との愛の巣を作り上げた。

しかし、そうした大胆な行動は隠し通せるものではなく、凛子の夫・晴彦は興信所の調査で妻の不貞を知る。晴彦はあえて離婚しないことで凛子を苦しめようとし、一方、久木の妻・文枝は静かに、しかしキッパリと離婚してほしいと要求した。家庭や社会からの孤立が深まっていく中、それでも二人は逢うことを止めようとはせず、世間並みの日常が失われていく分だけ、二人だけの性と愛の充足は純度を増していく。

そんな折、久木の会社に彼の行状を暴く告発文が送られてきた。久木は、それをきっかけに辞職を決意し、文枝との離婚も承諾する。凛子もまた晴彦や実母との縁を切って、久木のもとに走った。「至高の愛の瞬間のまま死ねたら」という凛子の願いに共感するようになった久木は、誰にも告げず、二人でこの世を去ろうと決意する。雪深い温泉宿へ向かった久木と凛子は、生命を絞るように激しく求め合ったまま、互いに毒の入ったワインを口にした。後日発見されたふたりの心中死体は、局所が結合したままの愛の絶頂の瞬間の姿であった。

書誌情報[編集]

単行本
  • 講談社・1997年
ISBN 4-06-208573-9、下 ISBN 4-06-208574-7
愛蔵版
文庫本
ISBN 4-06-264779-6、下 ISBN 4-06-264780-X
ISBN 4-04-130737-6、下 ISBN 4-04-130738-4

映画[編集]

失楽園
監督 森田芳光
脚本 筒井ともみ
製作 永井正夫
原正人
製作総指揮 角川歴彦
出演者 役所広司
黒木瞳
寺尾聰
柴俊夫
中村敦夫
音楽 大島ミチル
撮影 高瀬比呂志
編集 田中慎二
配給 東映
公開 日本の旗 1997年5月10日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1997年5月10日公開。制作は角川書店東映、エースピクチャーズ(現:アスミック・エース)、日本出版販売三井物産日本アカデミー賞報知映画賞キネマ旬報賞受賞作。 配給収入23億円を記録し、97年「もののけ姫」に次ぐヒット作品となった [2][3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

テレビドラマ[編集]

1997年7月7日から9月22日まで、日本テレビ系列で毎週月曜22:00 - 22:54(JST)に全12回を放送。制作はよみうりテレビ

映画がヒットしたこともあり、日本テレビの月曜22時台のドラマとしては唯一平均視聴率20%を越えた作品となっている。また最終回の視聴率27.3%も、読売テレビの1992年 - 2004年の12年間に渡るプライムタイムの全連続ドラマの中での最高記録である。また、性的シーンが多く描かれた。

ビデオ化はVHS版にてリリースの経緯がある(セルレンタル)。2007年9月20日にDVD-BOXが発売されると告知されたものの延期、さらに2009年12月31日に5枚組で発売されることが決定したがこれも延期となった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

話数 サブタイトル 放映日 視聴率 備考
1 不倫夜曲 1997年7月7日 23.5% 22:30~23:24
(30分繰り下げ)
2 京都初夜 1997年7月14日 20.7%  
3 妻の疑惑 1997年7月21日 20.7% 通常より10分拡大
(64分)
4 通夜密会 1997年7月28日 19.8%
5 愛欲の日光 1997年8月4日 19.0%  
6 妻と女の炎 1997年8月11日 19.3%
7 家庭内離婚 1997年8月18日 17.3%  
8 妊娠 1997年8月25日 20.1%  
9 阿部定絶唱 1997年9月1日 21.1%  
10 別れの予感 1997年9月8日 18.6%
11 運命の殺意 1997年9月15日 20.6%
12 衝撃‼最終回スペシャル-愛の永遠 1997年9月22日 27.3% 通常より30分拡大
(22:00~23:24 84分)
平均視聴率20.7%

失楽園 特別編[編集]

連続ドラマの高視聴率を受けて、1997年12月29日に「失楽園 特別編」として21:00~23:24に放送された。ドラマの総集編にTV初公開の映像、イタリアでの新撮シーンも加えた特別番組として放送され、視聴率も20%越えを達成した。また主題歌としてZARDのシングル「My Baby Grand 〜ぬくもりが欲しくて〜」のカップリングであった「Love is Gone」が使用された。

関連商品[編集]

  • 失楽園 Vol.1・Vol.2(バップ) 1997年11月8日発売 VHSの単品商品。
  • 失楽園 Vol.3・Vol.4(バップ) 1997年11月26日発売 VHSの単品商品。
  • 失楽園 Vol.5(バップ) 1997年12月10日発売 VHSの単品商品。
  • 失楽園 オリジナル・サウンドトラック(B-Gram RECORDS) 1997年9月10日発売。
  • 失楽園 特別編(バップ) 1998年5月21日発売 VHSの単品商品。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ amazon 著者ページ渡辺淳一. http://www.amazon.co.jp/%E6%B8%A1%E8%BE%BA-%E6%B7%B3%E4%B8%80/e/B001I7AR84. 
  2. ^ 読売新聞2013.11.26 時代の証言者. http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20131125-118-OYTPT01134/list_SERIALIZATION%255fWITNESSES. 
  3. ^ 1997年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

外部リンク[編集]

読売テレビ 月曜10時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
せいぎのみかた
(1997.4.14 - 6.23)
失楽園
(1997.7.7 - 9.22)
心療内科医・涼子
(1997.10.13 - 12.15)