太龍寺ロープウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太龍寺ロープウェイ

太龍寺ロープウェイ(たいりゅうじロープウェイ)とは、徳島県那賀郡那賀町の鷲の里駅(道の駅鷲の里に併設)から阿南市の太龍寺駅を結ぶ四国ケーブルロープウェイ路線である。全長2,775メートル西日本で最長、山・川越えを行う珍しいロープウェイである。

太竜寺山の山頂に所在する四国八十八箇所第21番札所の舎心山太龍寺への直通路であり、多くの参詣者で賑わう。従来同寺は徒歩でしか登れないうえ、遍路ころがしの一つと呼ばれる難所であったが、この路線の開通で多くの参拝者が容易に登れるようになった。

トピック[編集]

ロープウェイで移動中、岩場の太龍嶽(舎心嶽)の上で修行している様子の空海の座像が確認できる。同嶽は延暦16年(797年)に空海が24歳で著した『三教指帰』の序文において修行をした地として最初に記述されている。

那賀川流域のわじきラインを眼下に見下ろしつつ、剣山山系のほか紀伊水道橘湾が見渡せる。山越えの瞬間、鳴門方面の眺望が開ける。

世界最大級の鉄塔支柱

鉄塔支柱の大きさは世界一、標高600mの山越えを行う。

運転時間[編集]

  • 3 - 11月 7:20 - 17:20
  • 12 - 2月 8:00 - 17:00

毎時0,20,40分の運転。

路線データ[編集]

  • ゴンドラ:スイスCWA製の101人乗りの軽金属製箱型
  • 索道の方式:4線交走式
  • 線路水平長:2683.82m
  • 高低差:線路両端422.00m 線路最大508.00m
  • 線路最急勾配:30度
  • 駅数:2駅
  • 設計製作メーカー:(株)日本ケーブル
  • 支持鉄塔の高さ:1号42m 2号24m
  • 支持鉄塔の設計と製作(㈱デンロコーポレーション)
鷲の里駅
太龍寺駅

駅一覧[編集]

鷲の里駅 - 太龍寺駅

歴史[編集]

交通[編集]

鷲の里駅へは道の駅鷲の里を参照

周辺[編集]

外部リンク[編集]

デンロ技報