太陽エネルギー粒子線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太陽エネルギー粒子線(たいようエネルギーりゅうしせん)とは太陽活動により宇宙空間に放出される荷電粒子のこと。地球近傍では、数KeV/n~数百MeV/nのエネルギーに達するものが観測されている。

太陽フレアによって発生される高エネルギー荷電粒子太陽風と呼ばれる陽子電子アルファ粒子が主成分であるが、まれに重イオンも組成する。磁気嵐等を引き起こし、通信障害電波障害の原因となる。

関連項目[編集]