太陽の歌 (古ノルド語詩)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太陽の歌[1]古ノルド語: Sólarljóð, 英語: The Sun Song[2], The Song of the Sun[3])とは、古ノルド語詩英語版である。1200年頃にアイスランドで書かれたとされている。『古エッダ』の伝統的な韻律の様式で書かれているものの、その内容はキリスト教の幻視詩に材を取っている。

この詩は「賢者」セームンドル英語版に仮託された写本に書かれているものの、著者は不明である。全82の歌謡律英語版で書かれたスタンザ[4]から成っており、亡き父が息子に異界から話しかけているという形で物語られている。その父は最終スタンザに至るまでその正体を明かさない。

「太陽の歌 (Sólarljóð)」という題は第81スタンザにて提示されており、この題は明らかに、各々のスタンザが Sól ek sá ... 「私が見た太陽は……」という書き出しで始まる第39-45スタンザの、書き出し部の太陽の暗示に由来している。詩の最初の部分(第1-24スタンザ)では、複数人の異なる、名も無き人々の、生と死と運命の事例が語られている。第25-32スタンザは『高き者の言葉』に似た助言である。第33-38スタンザでは語り手の生前の「精神的来歴」が語られる。第39-45スタンザは太陽を取り上げている。続く第46-56スタンザでは語り手が生と死の狭間にある辺獄のようなところに居ることが語られている。その次の第57-80スタンザでは、地獄と天国に対する語り手の印象が記述されており、この部分はしばしば『神曲』(1300年頃)と比較される[5]。最後の2つのスタンザ(81-82)は息子への語りかけ、および復活への希望から成っている[6]

古代北欧の宗教詩英語版知恵詩英語版の伝統的な韻律様式で書かれているものの、ヨーロッパ中世幻視文学英語版からの刺激や同時期のキリスト教文学の隠喩の濃密な影響下で描かれている。北欧神話を参照しているにもかかわらず、シンクレティズムの兆候は見られず、代わりに新たな運命への確信的な証言が含まれている[7]

刊本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 菅原邦城シーグルズル・ノルダル『巫女の予言 エッダ詩校訂本』(東海大学出版会、1993年、ISBN 4-486-01225-9) p.52 の題。
  2. ^ Hollander, Lee M. (Trans.). (1936). Old Norse Poems: The most important non-skaldic verse not included in the Poetic Edda. (New York: Columbia University Press. 電子テキスト Google books) の題。
  3. ^ Benjamin Thope "The Elder Eddas of Saemund Sigfusson" の題。
  4. ^ ただし、少数の写本には83番目のスタンザが含まれている。
  5. ^ en:Peter Hallberg. «Den äldre medeltid» I: Nordens litteratur før 1860. Gyldendal, 1972. ISBN 87-00-28622-2 and en:Fredrik Paasche. Norges og Islands litteratur indtil utgangen av middelalderen = Norges litteraturhistorie; bd 1. Aschehoug, 1924.
  6. ^ 章分けはen:Gro Steinslandの紹介文を元とした。選集 Draumkvedet, og tekster fra norrøn middelalder (Bokklubben, 2004. ISBN 82-525-4627-7) に収録されている。
  7. ^ "Solarljod er virket i Eddaversemålet Ljodahatt og gjenlyder av Eddakvad, mest av Haavamaal, men trods alt som er av hedensk arv i diktet, gir det ikke uttryk for blandingsreligion. Det gamle toner med, fordi det var blit sterkt i tiden, digteren bruker et sprog som mængden gjerne vil høre, men han bruker det til at ramme det hedenske livssyn." (Paasche, 1924, page 399)

外部リンク[編集]