太陽ぬ落てぃまぐれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太陽ぬ落てぃまぐれ(てぃだぬうてぃまぐれ)は奄美群島に伝わるシマ唄の一つ。太陽ぬ落てぃまぐれ節(-ぶし)。奄美方言で「太陽が落ちる間際」を意味する。


歌詞・対訳[編集]

歌詞は揺れがあるが、大意は以下のようになる。

奄美方言 標準語訳
太陽(てぃだ)ぬ落(う)てぃまぐれに
鳴きゅる鳥小(とぅりぐゎ)
加那(かな)が上(うぃ)やあらめ
吾上(わうぃ)やあらめ
時取(とぅきとぅ)らちみりば
加那(かな)が上(うぃ)むあらぬ
吾上(わうぃ)むあらぬ
日の沈む間際に
鳴く鳥は
愛する者の身の上(の不幸の前兆)か
私の身の上(の不幸の前兆)か
占わせてみれば
愛する者の身の上でもない
私の身の上でもない

太陽ぬ落てぃまぐれのソフト化[編集]

以下の歌手により歌われたものがリリースされている。