太陰病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伝統中国医学における太陰病(たいいんびょう)は、三陰三陽病の一つで陽明病を過ぎて起こる外感性疾病。六経病では太陰経病である。傷寒論では、「太陰の病たる、腹満して吐し、食下らず、自利益々甚だしく、時に自ら痛む若しこれを下せば、必ず胸下結鞕す」といわれ陽明病期の後にくるもので、体力衰し、身体冷え、腹虚満、腹痛、下痢、嘔吐などの胃腸症状を呈する。

参考文献[編集]

  • 教科書執筆小委員会著・社団法人東洋療法学校協会編 「東洋医学概論」医道の日本社 1993 ISBN 4-7529-5038-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]