太祝詞神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太祝詞神社
拝殿
拝殿
所在地 長崎県対馬市美津島町加志512
位置 北緯34度16分44.1秒
東経129度14分23.8秒
主祭神 太詔戸神・雷大臣命
社格 式内社(名神大)・旧県社
本殿の様式 流造
例祭 陰暦9月9日
テンプレートを表示
鳥居
本殿

太祝詞神社(ふとのりとじんじゃ)は、長崎県対馬市美津島町加志に鎮座する神社である。旧県社で、かつては加志大明神・賀志宮とも称した。

祭神[編集]

太詔戸神(太祝詞神)と雷大臣命を祀る。

太詔戸神は天児屋命の事とされ、雷大臣命は津島直の祖神とされる。

歴史[編集]

806年大同元年)の『新抄格勅符抄』に「太祝詞神 二戸対馬島」とあり、対馬島神封戸2戸が与えられたとある。

927年延長5年)の『延喜式神名帳』には「貞タ太祝詞神社 名神 大」とあり、名神大社に列せられている。

境内[編集]

雷大臣命の墓と伝わる壇がある。

参考文献[編集]

  • 『長崎県の地名』(日本歴史地名大系43)、平凡社、2001年ISBN 4-582-49043-3

関連項目[編集]