太田天神山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天神山古墳
Ōtatenjinnyama-kofun zenkei.JPG
全景(左に前方部、右に後円部)
位置 北緯36度17分30.04秒
東経139度23分27.69秒
座標: 北緯36度17分30.04秒 東経139度23分27.69秒
所在地 群馬県太田市内ケ島町1606-1ほか
形状 前方後円墳
規模 墳丘長210m
高さ16.5m
築造年代 5世紀前半から中期頃
埋葬施設 (推定)竪穴式の主体部
(内部に長持形石棺
被葬者 不明
出土品 円筒埴輪・水鳥埴輪など
史跡指定 国の史跡「天神山古墳」
特記事項 全国第27位/東日本第1位の規模[1]
誉田御廟山古墳大阪府羽曳野市)の2分の1相似形[2]
テンプレートを表示

太田天神山古墳(おおたてんじんやまこふん)は、群馬県太田市内ケ島町にある前方後円墳。国の史跡に指定されている(指定名称は「天神山古墳」)。

別名を「男体山古墳」とも[3]。東日本では200メートルを超す墳丘長を有する唯一の古墳で、東日本では最大[注 1]、全国では第27位[1](第26位[4])に位置づけられる。

概要[編集]

群馬県内の主要古墳(古墳時代中期前半)

群馬県東部、太田市中心部の標高40メートルほどの台地の東端部において、前方部を南西に向けて築造された巨大前方後円墳である[3]。古墳全域は364メートル×288メートルにも及び、古墳のうち後円部の裾を県道2号線東国文化歴史街道)が、前方部外堀部分を東武小泉線が横断するが、墳丘・周濠の大部分は良好な状態で残されている[5]

墳丘は後円部・前方部とも3段築成。墳丘長は約210メートルで、これは東日本最大の規模になる[注 1]。鞍部には天満宮の祠が鎮座し、「天神山古墳」の名称は同神社に由来する[5]。墳丘表面には葺石が認められ、墳丘周囲には2重の周濠が巡らされているほか、陪塚2基を付設する。主体部は未調査ながらすでに盗掘を受けているが、畿内王墓特有の長持形石棺が採用されており、ヤマト王権と被葬者の強いつながりが想定される。また北東300メートルには女体山古墳帆立貝形古墳、国の史跡)があり、両古墳は基準尺・方位の点で同一企画下にある。

築造時期は、出土した埴輪土師器から5世紀前半から中期頃(第II四半世紀)と推定されている[3][6]。上毛野地域(かみつけの:現・群馬県域)では、天神山古墳登場以前までは東毛の首長(別所茶臼山古墳)と西毛の首長(浅間山古墳白石稲荷山古墳)とが個々に存在したが、東毛の首長が伸長した結果、ヤマト王権の後ろ盾のもと上毛野地域全体に及ぶ支配が確立したことを象徴する古墳になる[7]

古墳は、1938年昭和13年)の『上毛古墳綜覧』では「九合村69号墳」として登載されている[3]1941年昭和16年)1月27日には「天神山古墳」として国の史跡に指定された[8]

発掘調査[編集]

近代以降の古墳調査は次の通り。

  • 元文3年(1738年)4月、幕府に提出された「新田金山石棺御尋聞書」に石棺の記録[9]
  • 1941年昭和16年)1月27日、国の史跡に指定[8]
  • 1957年(昭和32年)8月、墳丘の測量調査(梅沢重昭ら明治大学関係者)[9]
  • 1965年(昭和40年)、内堀の発掘調査(市教育委員会)[9]
  • 1970年(昭和45年)
    • 6月20日-7月1日、測量調査(県教育委員会)[9]
    • 11月30日-12月9日、周堀部の発掘調査(県教育委員会)[9]
  • 1979年(昭和54年)、南東側中堤部での送電鉄塔建設に伴う発掘調査(市教育委員会)[9]
  • 1982年(昭和57年)、後円部北側での民家造成に伴う外堀の発掘調査(市教育委員会)[9]
  • 1989年度(平成元年度)、外堀想定線の確認調査(市教育委員会)[9]
  • 1993年(平成5年)、後円部西側中堤部での民家造成に伴う発掘調査。中堤上で円筒埴輪列を発見(市教育委員会)[9]
  • 1994年度(平成6年度)、民家造成に伴う外堀東端部の調査(市教育委員会)[9]
  • 1995年度(平成7年度)、南方での小泉線高架化に伴う事前調査。外堀南端を確定(県教育委員会)[9]

規模[編集]

太田天神山古墳のステレオ空中写真(1974年) 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
後円部
墳丘は3段築成。
前方部

規模は次の通り[10]

  • 古墳全域
    • 長軸長さ:364メートル
    • 後円部側幅:288メートル
    • 前方部側幅:242メートル
  • 墳丘
    • 墳丘全長:210メートル
    • 後円部(3段築成)
      • 直径:120メートル
      • 墳頂部平坦面直径:24メートル
      • 高さ:16.5メートル
    • 前方部(3段築成)
      • 前端幅:126メートル
      • 高さ:約12メートル
  • 内堀(楯形) - 最深で1.2メートル。
    • 後円部後方:幅36メートル
    • 前方部前面:幅24メートル
  • 中堤(ちゅうてい)
    • 後円部後方:幅31メートル
    • 前方部前面:幅24メートル
  • 外堀(馬蹄形)
    • 後円部後方:幅9メートル
    • くびれ部側方:幅17メートル
    • 前方部前面:幅6メートル

墳丘主要部位の計測値の公約数は2.4メートルであることから、中国の永寧2年(302年)に定められた「晋尺」(骨尺、24センチメートル)を使用して、25尺(6メートル)を基準尺としたと推測される[11]。上毛野地域ではこの晋尺の使用が多く、天神山古墳以前の築造の浅間山古墳大鶴巻古墳別所茶臼山古墳朝子塚古墳においても使用が推定される[11]。しかし墳丘設計については、浅間山古墳が佐紀陵山古墳(奈良県奈良市)の5分の4相似形であるのに対し、天神山古墳は誉田御廟山古墳大阪府羽曳野市)の2分の1相似形であり、佐紀王権でなく河内王権と結んだ意味で一線を画している[2]

後円部墳丘には盗掘に伴う陥没があるほか、前方部墳丘には戦時の空襲等による変形が認められる[12]。墳丘表面には、渡良瀬川水系の川原石を用いた直径20センチメートル程度の葺石が葺かれている[13][14]。また、東西のくびれ部には造出の存在可能性が指摘され[12]、東側くびれ部からは水鳥形埴輪(頭部のみ)が検出されている[14]。墳丘は3重(基段・中段・墳頂)の円筒埴輪で囲まれ、さらに中堤・外堤にも円筒埴輪列が確認されている[14]。加えて、内堀東側には中島があった可能性が指摘される[3]

北東には隣接して帆立貝形古墳の女体山古墳があるが、天神山古墳と女体山古墳とは主軸方向が一致し、その間隔・スケールにも晋尺25尺が使用されていることから、両古墳はほぼ同時の設計になると見られている[11]

埋葬施設[編集]

後円部墳頂
盗掘に伴う陥没が見られる。
長持形石棺の例(参考画像)
お富士山古墳出土棺の複製。国立歴史民俗博物館展示。

内部主体は未調査のため明らかとなっていないが、後円部墳頂の平坦面において竪穴式の主体部が想定されている[3]。しかしすでに盗掘を受けているため、現在の墳頂部は盗掘壙で陥没し、周辺には盗掘由来と見られる小砂礫が散在する状態である[15]。また後円部南側の裾には、石棺部材と見られる石材の一部が転落した状態で残存する[15]。この石材は群馬産の緑色凝灰質砂岩で、乳頭状突起を有する特徴から、組合式長持形石棺の部材の一部と見られている[15]

天神山古墳の石棺に関する記録としては、江戸時代元文3年(1738年)に幕府に提出された「新田金山石棺御尋聞書」が知られる[15]。同文書によると、当時にはすでに古墳は盗掘を受けており、掘り出されていた1枚石が墓石として使用されていた[16]。絵図には長さ9尺余(約2.7メートル:突起除く)・幅5尺余(約1.5メートル)・厚さ1尺余(約0.3メートル)の石材が描かれているが、両端に縄掛け突起を有することや溝の存在等から、これは長持形石棺の底石材に相当する[15]。この石材は、現存の上記石材とは寸法が異なるため別の部材と見られるが、現存石材以外の部材は行方不明のため詳細は明らかでない[15]

当古墳で使用された組合式の長持形石棺は、畿内の大王墓や地方最有力首長層にしか使用例のない珍しいものになる[15]。東日本における長持形石棺の使用例としては、他にお富士山古墳伊勢崎市安堀町)出土棺のみが知られるが[注 2]、天神山古墳出土棺の規模はお富士山古墳出土棺を上回る[15]。しかし両棺とも同一の製作技法になることから、畿内工人が当地に派遣されたと考えられ、その背景として製作当時における上毛野の首長と畿内王権が同盟関係の存在が推測される[15][17]

出土品[編集]

古墳からの出土品として、家形石製模造品があったと伝わる[14]。また、前述の水鳥形埴輪・円筒埴輪のほか家形埴輪・器財形埴輪等の埴輪類や、土師器数種が検出されている[14]。現在、それらの一部は太田市立新田荘歴史資料館(太田市世良田町)で展示されている。

陪塚[編集]

A陪塚

天神山古墳の東北方には、陪塚と見られる円墳が残存する(A陪塚位置[18]。規模は直径約29メートルで、高さは3メートル弱[18]。天神山古墳の主軸延長線上に概ね位置し、出土した円筒埴輪も天神山古墳出土品と同種になる[18]。また築造の背景として、大阪府羽曳野市墓山古墳と陪塚の向墓山古墳との関係が指摘される[18]。古墳は『上毛古墳綜覧』では「九合村69号墳」として登載されている[18]

また、前方部南西隅の外堤上では古墳跡が認められており、こちらも天神山古墳の陪塚と想定されている(B陪塚位置[19][13]。『上毛古墳綜覧』ではこの古墳に関する記載はない。

文化財[編集]

国の史跡[編集]

  • 天神山古墳 - 範囲は墳丘・内堀部分[3]。昭和16年1月27日指定[8]

考証[編集]

天神山古墳は、その規模や長持形石棺の存在から上毛野地域全体を支配する広域首長墓と見られる[14]。その被葬者像の候補として「ヤマト王権にも対抗しうる『毛野政権』の首長」、「ヤマト王権から派遣された将軍」、「ヤマト王権のもと王権を構成した同盟者」などの可能性が挙げられているが、未だ明らかでない[20]。また、上毛野全域に渡る巨大古墳が築かれたのは天神山古墳1代限りであり、その後は前橋・高崎・藤岡地区に同規模の豪族が割拠した(大室古墳群保渡田古墳群・白石古墳群など)。

日本書紀』では上毛野地域の氏族伝承として、対朝鮮外交で活躍した上毛野氏の記述があり、その上毛野氏一族と天神山古墳との関係が指摘される[2]。その中で、上毛野氏がヤマト王権の一員として外征に参加したことから、その軍編成の背景に上毛野全域に及ぶ支配権の存在が考えられる[2]。また、特に一族の荒田別(あらたわけ)について、「あらた」の読みから新田郡と関連づける説があり[21][22]、新田郡の代表古墳たる天神山古墳の被葬者にこの荒田別を想定する説もある[23]

北東にある女体山古墳との関係は明らかでないが、前方後円墳と帆立貝形古墳から成る類似例として、西都原古墳群宮崎県西都市)の女狭穂塚(前方後円墳、180メートル)・男狭穂塚(帆立貝形古墳、175メートル)がある[20]

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

関連施設

周辺

女体山古墳(国の史跡)
  • 女体山古墳
    国の史跡。天神山古墳北東約300メートルの地にある大型の帆立貝形古墳。「女体山」の名は、天神山古墳(男体山)に対するものである。墳丘長106メートルで、推定築造時期は5世紀前半から中期頃であるが、天神山古墳よりはやや先行する。墳丘主軸は天神山古墳と同一方向。『上毛古墳綜覧』では「九合村68号墳」として登載されている[24][13][25]
  • 目塚1号墳
    内ケ島交差点付近に存在した古墳(非現存)。推定築造時期は5世紀中期頃で、特に出土埴輪は天神山古墳A陪塚のものと極似し、天神山古墳と関係する古墳になる。なお『上毛古墳綜覧』の記載からは漏れている[26]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 天神山古墳(210メートル)に次ぐ古墳は、御墓山古墳三重県伊賀市、188メートル)、舟塚山古墳茨城県石岡市、186メートル)、浅間山古墳(群馬県高崎市、171.5メートル)。
  2. ^ 長持形石棺に類似する亜種組合式石棺の使用例は千葉県等にも存在するが、畿内王墓と同一形態のものは天神山古墳出土棺・お富士山古墳出土棺の2例のみになる (太田市史 1996年, p. 203)。

出典

  1. ^ a b 古墳大きさランキング(日本全国版)(堺市ホームページ 2012年12月19日更新版)。
  2. ^ a b c d 若狭 2014年.
  3. ^ a b c d e f g 太田天神山古墳(続古墳) 2002年.
  4. ^ 天神山古墳(群馬県埋蔵文化財調査事業団)。
  5. ^ a b 天神山古墳(平) 1987年.
  6. ^ 太田市史 1996年, p. 623.
  7. ^ 太田市史 1996年, p. 190.
  8. ^ a b c 天神山古墳 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  9. ^ a b c d e f g h i j k 太田市史 1996年, pp. 617-623.
  10. ^ 太田市史 1996年, pp. 193-194, 618-620.
  11. ^ a b c 太田市史 1996年, pp. 194, 208.
  12. ^ a b 太田市史 1996年, pp. 618-619.
  13. ^ a b c リーフレット.
  14. ^ a b c d e f 太田市史 1996年, p. 621.
  15. ^ a b c d e f g h i 太田市史 1996年, pp. 200-206, 620-621.
  16. ^ 太田市史 1996年, pp. 200-206.
  17. ^ 白石太一郎『古墳から見た倭国の形成と展開』啓文社、2013年、pp. 245-247。
  18. ^ a b c d e 太田市史 1996年, pp. 628-633.
  19. ^ 太田市史 1996年, pp. 193, 620.
  20. ^ a b 広瀬和雄『前方後円墳の世界(岩波新書)』岩波書店、2010年、pp. 158-159。
  21. ^ 『日本地理志料』に記載(『毛野国の研究 古墳時代の解明 下』第三章四節より)。
  22. ^ 「荒田別」『日本古代氏族人名辞典 普及版』 吉川弘文館、2010年。
  23. ^ 前沢輝政『毛野国の研究 古墳時代の解明 下』(現代思潮社、1982年)第三章 四節「毛野国発展の要因」。
  24. ^ 太田市史 1996年, pp. 624-628.
  25. ^ 現地説明板。
  26. ^ 太田市史 1996年, pp. 633-638.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]