太平公主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太平公主
太平公主
全名 一説に李令月
出生 665年
死去 713年
配偶者 薛紹
  武攸曁
子女 四男四女
父親 高宗
母親 武則天
役職 公主
テンプレートを表示

太平公主(たいへいこうしゅ、665年? - 713年)は、皇帝高宗の娘。母は武則天(則天武后)。公主は皇帝を父に持つ皇女のことを指すが、太平公主の場合、父母ともに皇帝である。1814年に成立した『全唐文』の記述から、本名を李令月とする説もあるが、異説もある。

生涯[編集]

武則天の愛娘[編集]

麟徳2年(665年)、高宗の末の娘として生まれた。8歳の時、太平の号を授けられる。母の武則天は、自分と容姿や性格がよく似ていた娘の太平公主を寵愛し、吐蕃から公主の降嫁を願う申し出があった際も、決して許さなかった。

681年薛紹城陽公主の息子で従兄弟にあたる)に嫁して二男二女を生んだものの、夫は皇族・李沖の謀叛に連座して捕らえられ獄死。続いて690年武攸曁に嫁いで二男二女を生んだ[1]

武周期の公主[編集]

病気がちな高宗に代わって母の武則天が垂簾政治を執り始めると、その相談役として武則天政権の一翼を担う。やがて690年、母は皇帝に即位し、武周王朝を建てる。公主も母の側近として隠然たる勢力を持った。母が病に倒れた後、その愛人であった張易之昌宗兄弟が専横を極めたため、705年、張兄弟を倒し、兄の中宗を即位させることに成功し、皇族中の重要人物として名を高める。

武韋の禍[編集]

その後、宰相張柬之により武則天は退位し、天下は唐王朝に復するが、張兄弟と組んでいた従兄弟の武三思が張柬之を失脚させ、安楽公主(中宗と韋皇后の娘)と結び、701年、不倫の暴露を恐れた安楽公主が韋后と組んで中宗を毒殺した。「第二の武則天」となるべく韋后が温王李重茂(殤帝)を擁立して傀儡としたのを危ぶみ、甥の李隆基(のちの玄宗)と謀り、韋后・安楽公主とその一族をことごとく誅殺して、隆基の父の相王李旦(睿宗、太平公主の同母兄)を即位させた。ここに皇妹として太平公主の権勢は頂点に達し、万戸の封を与えられ、所生の男子3人もそれぞれ王に封ぜられ、一族も高位高官を占めた。一方、宰相の姚崇張説を左遷させるなど専権を極めるが、これらのことにより、次第に皇太子・隆基と対立を深めていくこととなる。

玄宗との対立と死[編集]

712年、睿宗が皇太子・隆基に譲位すると、皇帝(玄宗)と公主の対立は激化した。公主は英明な玄宗の廃立を図るが、陰謀が露顕する。713年、皇帝自ら兵300余を率いて公主一派を倒し、公主に死を賜った。以後、玄宗の独裁体制が確立し、「開元の治」と呼ばれる唐朝の最盛期につながっていく。

伝記史料[編集]

  • 新唐書巻83 列伝第八 諸帝公主/高宗三女/太平公主

脚注[編集]

  1. ^ 全唐文補遺 故沛郡夫人武氏墓志銘》「故周定王駙馬都尉攸曁太平公主第二女,封永和縣主。」

参考文献[編集]

  • 『アジア歴史事典 6』(平凡社1984年)61ページ「太平公主」(執筆:鈴木俊)

太平公主が登場する作品[編集]

テレビドラマ