太乙真人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太乙真人(たいいつしんじん 繁体字太乙眞人簡体字太乙真人ピン音:Tàiyǐ Zhēnrén)は中国の小説『封神演義』に登場する仙人で、崑崙十二大師のひとり。

乾元山・金光洞に洞府の主。九竜神火罩という、敵を包み込んで火で焼く宝貝をもっている。

玉虚宮の命令により、将来姜子牙の補佐をさせるために霊珠子を下界に送り込んだ。これが哪吒である。後に哪吒東海龍王の息子を殺した罪を償うために自害すると、母親に行宮を建てるよう頼めと指示した。三年受香すれば哪吒は蘇るはずだったが、李靖が行宮を破壊してしまったため、太乙真人は彼を蓮華精として復活させた。後に哪吒を三面八臂の姿に変えている。

十絶陣の戦いで他の兄弟弟子と共に西岐を訪れ、姜子牙たちに助力した。その際に孫天君の化血陣を破っている。 また誅仙陣・万仙陣の戦いでも兄弟弟子と共に戦った。

関連事項[編集]