天野真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif 天野 真
Shin AMANO
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: 1973年5月13日(41歳)
出生地: 東京都
身長: 174 cm
元パートナー: 荒井万里絵
元コーチ: 佐藤信夫樋口豊長久保裕
引退: 1998年

天野 真(あまの しん、1973年5月13日 - )は、東京都出身の男性フィギュアスケートの元選手で、現在はフィギュアスケートコーチ兼フィギュアスケート審判員。明治大学卒業。シングルのISUテクニカル・スペシャリスト(国際スケート連盟認定の技術審判員)[1]

経歴[編集]

1994-1995シーズンの全日本フィギュアスケート選手権では男子シングルで初優勝。同年の世界選手権にも出場した(但しショートプログラム28位でフリースケーティングに進出出来ず)。1996-1997シーズンで引退予定だったが、田村岳斗のシングル転向に伴い、田村とのペアを解消した荒井万里絵とペアを組み、1998年長野オリンピックに出場した。しかし長野五輪本番では、荒井がジャンプ(ソロ・スロー共に)をことごとく失敗し、さらに他ペアの必須要素(スピン・リフト・デススパイラルなど)の得点も全く伸びず、出場20組中の20位に終わってしまい、長野五輪後に荒井とのペアを解消し現役引退となる。

引退後は、コーチ業の傍ら、ISUテクニカル・スペシャリスト2003-2004シーズンから採用された新採点システムで設けられた国際スケート連盟公認の技術審判)に日本人として初めて登録されている。2005年第74回全日本選手権2006年NHK杯、2010年、2011年および2012年の世界選手権で技術審判であるテクニカルスペシャリストを務めた。

現在はカナダ在住。2006-2007シーズンは、2007年世界ジュニアフィギュアスケート選手権銀メダリストになったパトリック・チャンのコーチを務めていた。2009-2010シーズンは西野友毬のコーチを務めていた。

主な戦績[編集]

男子シングル[編集]

大会/年 1993-94 1994-95 1995-96 1996-97 1997-98
世界選手権 28
全日本選手権 1 4 8 9
NHK杯 12 9 12

シニア[編集]

ペア[編集]

大会/年 1997-98
オリンピック 20
全日本選手権 1
NHK杯 8

シニア[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ "List of Referees, Judges, Technical Controllers, Technical Specialists, Data and Replay Operators 2008/2009 for Single & Pair Skating, Ice Dance and Synchronized Skating", ISU Communication. No. 1525