天津甕星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天津甕星(あまつみかぼし)は、日本神話に登場するである。別名、天香香背男(あめのかがせお)、星神香香背男(ほしのかがせお)、香香背男(かがせお)。

概要[編集]

古事記』には登場せず、『日本書紀』の葦原中国平定にのみ登場する。本文では、経津主神武甕槌命は不順(まつろ)わぬ鬼神等をことごとく平定し、草木や石までも平らげたが、星の神の香香背男だけは服従しなかったので、倭文神(しとりがみ)建葉槌命(たけはづち)を遣わし懐柔したとしている。第二の一書では天津神となっており、経津主神・武甕槌命が、まず高天原にいる天香香背男、別名を天津甕星という悪い神を誅してから葦原中国平定を行うと言っている[1]

平田篤胤は、神名の「ミカ」を「厳(いか)」の意であるとし、天津甕星は金星のことであるとしている。「カガ」は「輝く」の意で、星が輝く様子を表したものであると考えられる。

星や月を神格化した神は世界各地に見られ、特に星神は主祭神とされていることもある。しかし、日本神話においては星神は服従させるべき神、すなわち「まつろわぬ神」として描かれている。これについては、星神を信仰していた部族があり、それが大和王権になかなか服従しなかったことを表しているとする説がある。

全国の星神社や星宮神社の多くは天津甕星を祭神としている。 茨城県日立市大甕神社は、天津甕星を服従させた建葉槌命を祭神としている[2]。社伝では、甕星香々背男(天津甕星)は常陸国の大甕山に居を構えて東国を支配していたとしている。大甕神社の神域を成している宿魂石は、甕星香々背男が化したものと伝えられている。

葦原中国平定に最後まで抵抗した神ということで建御名方神と同一神とされることもあり、また、神仏習合の発想では北極星を神格化した妙見菩薩の化身とされることもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宇治谷, 孟 (Tsutomu Ujitani) 『日本書紀』上、講談社、1988年、56-8, 64-6。ISBN 9780802150585
  2. ^ 谷川, 健一 『日本の神々』(snippet) 岩波書店〈岩波新書 新赤版 第 618 巻〉、1999年